スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

渋谷の福田屋にも「鴨せいろ」で別れを告げたw

福田屋の鴨せいろ

渋谷の道玄坂小路(麗郷通り)にあるそば屋の「福田屋」。
この店も、もう20年以上お世話になっている店だ。
ここも、常連客云々はあまり関係ないので、勝手にオレが通っていただけ、だね。
ここのもりそば(600円だったかな。安いよ)は美味い。
ちょっと緑がかった色のそばで、「そば粉の刺身」だなと感じさせるそばは、この値段で食えるような街中の安いそば屋にはなかなかない。
汁の具合もかなり良い(そばは良くても汁が負けてる店はけっこうある)。
種物は、そばが細打ちなので、急いで食わんとならないし、せっかくのそばの香りが熱い汁でかなり消えてしまうので、もりそばを食うことが多い。
寒い時期の「牡蠣そば」なんてのは上品で良いけどね。

酒肴も豊富で、ぬたとか合鴨焼きなんかを2、3品注文して燗酒を飲み、最後にもりそばってのが良い。
中でも、コロッケが美味い。これが食いたくて行くことも多々だった。
2個600円で一人客には1個300円で出してくれる。
「オレが作るみたいなコロッケ」で、渋谷界隈の飲み屋では間違いなく最高だね(笑)。

ま、そういう店なんだけど、このときは、別なところで飲んできての締めだったので、酒は飲まずに「鴨せいろ」一発にしてしまった。
帰りの東横線が長いので、トイレに行きたくなるかも、とかいろいろ考えるのだな(苦笑)。

福田屋は、21時閉店だ。そば屋にしては遅くまでやっている方ではあれどね。
なので、普段なかなか行けないし、20時台はいつもかなり込んでいる。
それも、仕事は引退したような年配のグループの宴会で込んでいる。
このときも、店と客がシンクロして、すさまじい勢いで高齢化しているのが痛いほど感じられた。
相席前提のデカいテーブルの端がかろうじて空いているだけのほぼ満席だったのだが、オジサンと一緒に来ている女性2人を除くと、ざっと見、オレが最年少の客だった。

相席前提のテーブルだけ、客が入れ替わっていて、それ以外の席は、すべて延々飲んでいるという状態だ。
着ているモノから見て、引退したと思しき8人の団体と6人の団体で、奥のベンチシートのテーブル席は一杯。
大きな声で笑いながら、焼酎のそば湯割りを延々と飲んでいる。
おそらく、明るいうちから来て、閉店までだろう。
そば屋ってのは、飲むにしても、もうちょっとさくさく回転しないと申し訳ないと思うけどねw
ま、渋谷で飲めるところに住んで、友達がいて、元気に飲める、金もある、という、表面的には絵に描いたような幸せな老後、であるな。

なお、この手の客(明るいうちから延々飲んでいる現役引退の団体)が多いのは、この福田屋とビアホールの「ライオン」だ。
ま、若い頃から慣れ親しんだブランド、ってことなんだろうね。
不思議とキリンシティにはいないんだよね。
オレは、ライオンにはいろいろ呆れているので、キリンシティばっかりだけどね(ラムローストもあるしw)。
キリンシティだと、客の中ではオレは年が行っている方だな。

福田屋も創業50年以上で、バタコさんみたいなオバちゃんもずいぶん歳を取った。
自社ビルみたいだからいろいろと我慢が利くのだろうけれど、集っている高齢の客が飲めなくなって来なくなると、それとともに消え行くのだろうか、、、。
いつ行っても、若い客はいないし、フロアもバタコさん以外は全て外国人になっている。
時代と世代、ってものを強く感じさせる店だね。
昭和歌謡的な音楽の流行りのようなものは、食いモンにも確かにあるね。
居心地の良い店であることは、間違いない。
以前、出てったはずのオジサンが「靴下忘れた!」って戻ってきたのを見たことがある(そもそも、席で靴下まで脱ぐかよ? 最悪でも靴履くときに気付けよww)。どんだけリラックスしてんだか(苦笑)。
というわけで、福田屋にも感謝しているのであります。

 
2014-02-19(Wed)
 

オレも、こないだ「天ぷら、食ったよ」w 牡蠣の天ぷらだけどね

牡蠣の天ぷら

3つくらい前のエントリで「こいわし」をアップしたけど、その時にいま話題の天ぷらも先取りして食っていたのだった(苦笑)。
赤坂じゃなくて銀座だったけどねww

揚げ物には、カキフライか天ぷらか、という選択で天ぷらを。
和食に日本酒だったので、ソースにせよタルタルにせよ、カキフライではちょっと味の並びを崩すように感じたのだな。
牡蠣の天ぷらには、塩と天つゆなんだけど、しし唐だのは天つゆだけど、牡蠣に限っては塩だな。
牡蠣ってのは、生も良いけれど、火が通るとまた美味い。
貝ってのは、全般にほんのちょっと火を通すと臭みが消えて甘みが増すよね。
ホッキ貝なんて典型だね。生だと紫がかったどす黒い色なんだけど、さっと湯にくぐらせる、あるいは湯が沸いた薬缶の注ぎ口の湯気の中を通したりする。
ホタテなんかも同様。
さらに、天ぷらなどの揚げ物は、衣で旨みが閉じ込められるから、ふっくらジューシーでイイよね。

ま、「天ぷら、食ったよ」というフレーズには、困った思い出があるのだが、別の機会に、、、w

 
2014-02-18(Tue)
 

この時期ならでは、カキ酢とホタルイカで燗酒

カキ&ホタルイカ

カキは寒い時期の食いモン、ホタルイカは春先の食いモン、ってことで、これを両方注文して燗酒を飲めるのは、この時期ならでは。
カキは、産地によって大きさの傾向があるけれど、ホタルイカはハシリなのでまだ小さいね。
殻付きの生牡蠣よりむき身のカキ酢の方が好きなのには、いくつか理由がある。

・むいた状態でカキを洗いたい(ザルにとって冷水の中でゆするとけっこう汚いと知れる)
・殻つきは割高。1個400円とかする。カキ酢なら数粒で500円くらいw
・ベロンと殻にカキが張り付いていて、見た目があまりよろしくない
・殻の欠片が口に残ることがある
・燗酒には、レモンなどよりポン酢が好ましい
・何より、汁がこぼれたりせず食いやすい

ま、こんなところか?
一方のホタルイカ、これは、茹でたものを酢味噌で、に止めを刺すと思うね。
ま、酢味噌が残念なこともたまにあるけど。

いずれにしても、生はイカンよ、生は。産地の富山では生は食わないんだから。
出す方も食うほうも、チャレンジャー(無知&無謀の意味)だ。
そういう意味では、カキも3個までらしいけどね。ガイジンがオイスターバーとかでバカみたいに平らげてるけどねww

ホタルイカの生は、オレも食ったことはあるけれど、目玉なんかがゾリゾりするし、ワタが生臭くて、お世辞にも美味いとは言えない。
イカのワタは、ゴロとも言って、活きたイカ(スルメイカとかね)を刺身にしてくれるようなところでは、ゴロだけを輪切りにして出してくれる。
これは、今さばいたばかりなので、濃厚で上品な甘みが素晴らしいけどね。

あと、「沖漬け」だね。獲れたばかりのイカを船上でそのまま醤油に漬ける。
浸透圧でイカの体内に醤油が沁みこんで行って、新鮮なまま醤油漬けになる。
醤油が沁みこんでくるのをどうにもできないイカがなかなか不憫ではあるが、、、。
沖漬けには、大きなイカもホタルイカもある。
ホタルイカの場合は、丸ごと食うことになるけど、生と同様に目玉、くちばし、骨が口に当たるね。
ワタは醤油と相まって生臭いこともなくかなり美味い。
スルメなどの大きなイカの場合は、刺身の要領で捌いて、ワタと身を別々に盛り付けたり、それを和えたり、というのが普通なんだけど、冷凍状態を半解凍にして、丸のまま輪切りにするのもなかなか良い。
イカのCTスキャン状態だな。醤油が造影剤w
イカの胴の中にワタが詰まっていて、それが凍った状態で形が崩れていないので、食べやすいし口の中でじわっと融けてワタを味わう感じが良い。
ま、燗酒でないと、ちょっと冷たいけどね。
なお、これは、だらだらと放置しておくと、完全に融けてしまって、でろでろになるので、とにかく融けきる前にさっさと食わないといけない。

「雪のせいか脱線してしまった」が、ホタルイカは春先のものだけに、菜の花のお浸しとか独活なんかが添えてあるとなお良し、ではあるな。
洋風のマリネ、パスタの具なんかにも美味いね。いずれも、とにかく生はダメ(笑)。

 
2014-02-17(Mon)
 

近所の沖縄料理屋のランチを二つ(いっぺんに食ったのではないw)

沖縄そばハーフとゴーヤチャンプルー

近所にある沖縄料理屋のランチがなかなか良心的で美味い。
特に、沖縄そばは、これまで食ったもののなかで、塩気がまろやかで最高レベルだと思う。

写真上は、沖縄そばハーフとゴーヤチャンプルー、ご飯としば漬けの定食。
写真下は、沖縄そばと三枚肉丼ハーフのセット。
どれも、塩気がキツくないし、卓上の泡盛トウガラシ(コーレーグースと言うのかな?)をちょいとかけるとイイね。
泡盛トウガラシは、そばに入れ過ぎると香りが立ちすぎるのだけれど、炒め物やあえ物にかけると美味い。
夜に行ったときにミミガー(必ず、目が、目がー、とか、鼻がー、とか言いたくなるが我慢w)のネギポン酢和えにかけたら素晴らしかった。
あと、カレー味のゴーヤチャンプルーもなかなか美味い。

木曜と金曜の夜に限っては、深夜までやっているので、「日が暮れたらラーメンは食わない教」に帰依している身ではあれど、「これは断じてラーメンではない」と言い聞かせて、妙に晩飯が早くて夜中に腹が減ったときにたまに食いに行く。
沖縄そばは、脂っぽくないししょっぱくないし、麺の量もそう多くはない(ハーフも選べるけど、結局足りない、ってことになりそうなのでフルポーションw)ので立ち食いそば(衣ぼったりの天ぷらとか実はもたれる)並みに軽いと思う。というか、そう思いたいw。
ベイスターズ通りの「べにはま」。

沖縄そばと三枚肉丼ハーフ

 
2014-02-16(Sun)
 

25年くらい前に仕事で広島によく行っていた頃を思い出す「こいわし」

こいわしの刺身

25年くらい前、仕事でよく広島に行っていた。
まだ、空港は海っぺりにあって、市街地からタクシーで1500円くらいだった。
天気の良い日に着陸するときなんか、瀬戸内の島々をかすめながらのアプローチが素晴らしかった。
今じゃ山ん中になっちまって、山を削って谷を埋めた空港まで行くのにエラく時間も金もかかる。
会社には新幹線か飛行機で行ったことにして、買ったばかりの自分のクルマで慣らし運転のために片道約900キロを走って行ったこともあるw
3速5000回転で30分走って、5速2700回転で30分、その繰り返し、なんてことをして、だなw
さすがに、明らかにエンジンが軽く回るようになったのが実感できた。

広島で今でも鮮明に覚えているのは、紙屋町の寿司屋。
一人で寿司を食っていたら、いかにもスジ方面のオッサンが入ってきて、「上寿司5人前、お土産で」とのご注文。
「へい、お待ち!」と寿司屋のご主人が包みを出したら、「特上10人前で領収書書いてくれや」。
「ウチはそういうことはちょっと、、、」と言うと、「オレが頭下げとんのが見えんのか、おらーーーっ!?」と始まったのであった(苦笑)。
なんだか領収書で粘っていたので、素人には手を出さんだろうと思って、先に勘定してもらって出てきたけどねww

ま、でも、広島ってのは、瀬戸内の魚や牡蠣はもちろん、近くで採れたであろう野菜なんかも、明らかに東京よりしっかりした歯ごたえと濃い旨みが感じられて、食いモンが美味いところだなぁ、、、という印象が今でも残っている。

そんな中でも、瀬戸内の小魚「こいわし」だね。
こんな小さい魚を刺身にしてくれる手間にまず頭が下がるし、しっかりとした味わいでホントに美味いと思う。
塩焼き、唐揚げ、南蛮漬けなんかもあるけど、やはり刺身だね。
これを酢漬けにしたのが、美味すぎて飯を借りに行く、という「ままかり」だ(ま、高知のマグロの胃袋の塩辛は飯を盗むほど、ってことで飯盗・はんとう、って言うけどねw)。
こいわしは、鹿児島の「きびなご」とならんで小さいけど美味い刺身の双璧だな。
久しぶりに銀座にある広島料理のお店で食って、懐かしかったし、美味かったね。
銀座もご無沙汰だったけど、こいわしはもっと久しぶりだった。

 
2014-02-15(Sat)
 

さらば、鳥竹@渋谷。30年間変わらぬ焼き鳥に感謝する

赤星とお通し

渋谷の鳥竹に行ったら、まずは赤星の瓶ビール。
お通しは、このときは昆布豆。焼き鳥が焼けるまでにちょうど良い。
焼き物は、「焼き鳥、合鴨、塩一丁、つみれタレ」くらい。
つみれ焼きというのは、ピーマンの肉詰め。
その後、付属の鶏スープが素晴らしい「キジ焼き丼」(笹身のタレ焼きがご飯に乗った丼)。
いや、相変わらずで美味いし、量はたっぷりだし、安いし、で大変にありがたい。
焼き鳥などの写真は、下の方にまとめてアップしておきますねw
順に、つみれ焼き、焼き鳥と合鴨の塩、カウンター上の短冊、キジ焼き丼。

ここは、1984年に就職で東京に来た頃に、当時の勤務先にバイトで来ていた青山学院大学の学生に教えてもらったのが最初。
以来、勤務先や事務所の場所の都合なんかで、ちょっと行かなくなった時期があったりはしたものの、約30年の付き合いだ。
とはいえ、常連とべたべたするような店ではないので、単にオレが好きで行き続けているだけなんだけどね。
ダメなバイトはすぐ淘汰されるので、いつ行ってもオペレーションがしっかりしているのもイイね。

大晦日に明るいうちから一人で飲んでいたとか、会社勤めしていた頃は渋谷乗り換えだったので、金曜日の夜は毎週のように競馬新聞を見ながら飲んでいたとか(最近じゃ目が悪くて競馬新聞はもう無理だねww)、たいてい一人だったのだが、ま、いろいろと思い出す。

渋谷の道玄坂に借りている事務所も2月いっぱいだし、引っ越しも控えているし、おそらく鳥竹にはなかなか行けなくなるだろう。
ということで、「鳥竹納め」、完了しました。
30年間、変わらぬ焼き鳥を食わせてもらって本当に感謝している。

つみれ焼き

焼き鳥、合鴨、シオイッチョ

短冊

キジ丼

 
2014-02-14(Fri)
 

そば・うどんで揚げ物を乗せるか別盛りにするかの境目は「衣がはがれるか否か」と知る

春菊天

かき揚げそばとかエビ天そば、写真の春菊天そば、などのそばやうどんを安いスタンドで食う時に、揚げ物が別盛りなっていると、嬉しいモンだよね。
鍋焼きうどん(卵が入っているので滅多に食わんがw)に顕著だけれど、汁を吸ってくたくたになった天ぷらってのも捨てがたいし、サクサクとした衣の食感も良いものだ。
知人と飯を食っていてこの話になって、至った結論は、エビやイカのように中身がソリッドで衣がはがれやすいものは断然別盛り、春菊とかゴボウ天のように材料と衣が混然一体となっているものは、汁につけてもまとまりが保たれるので汁に(そもそもバリバリして食いにくいし)、というものであった。
ま、エビ天とかイカ天はあまり食わんのだけどね。写真下は以前にもアップした「豚天別盛り」(豚天は揚げたて)。
それと、天ぷらが冷えていると、やはり熱い汁に乗せたくなる、ってのはあるかな?
写真の春菊天そばは、乗せたほうが良いわけなんだけど、春菊天そばを出すような店で別盛り対応しているケースはなかなかない。
そもそも、春菊天を用意している店自体、そう多くはない。
ごぼう天(切り方が太かったり細かったりいろいろだが)と並んで、立ちそば、駅そばならでは、かつ、両方ある店はあまりない、という不思議なメニューだと思う。
あと、かき揚げそば、ってのが、この手の店の売れ筋なんだけど、滅多に食わん。
美味いかき揚げは少ないってのもあるけど、店によってかき揚げに使っている素材の内容が異なるので、なんか無批判なお任せ感覚で安直な気がしてどうも落ち着かないんだよね。

豚天別盛り

 

 
2014-02-13(Thu)
 

月替わりのピザがなかなか良い馬車道タップルーム

駿河ベイ&マンスリーピザ

沼津の港のすぐ近くにある地ビールのブリュワリー「ベアード」の直営店が馬車道にある。
中目黒と原宿にも直営店があって、それぞれフードの方向性が異なる。
以前は中目黒に行くことが多かったけれど、関内に引っ越してからは、近いんで馬車道が一番多いね。

馬車道は、牛豚鶏のスモークバーベキューが売り物なんだけれど、月替わりのピザもなかなか良い。
中目黒はピザが売り物でかなり美味いんだけど、ちょっと一人にはデカいんだよね。
ピザだけなら余裕なんだけど、他にも食いたいと思うとちょっとデカい。
馬車道のピザは、一人にちょうど良いサイズなのでありがたいね。
今月は、オニオンとハムのピザ。先月はブルーチーズのピザだった。
見ての通り、丸いハム3枚を扇形に4等分したものが12等分したピザの全面を覆っている。
唐辛子と辛いオイルをかけて食う。
生地の薄いピザとしっかりした味のビールは大変によく合うねw

ビールは、ベアードでも最も苦い「駿河ベイ・インペリアル」が一番好きだね。
アルコール度数は7.8度だ。400mlのグラス2杯で結構な酔いだ。
これを飲むと大手メーカーのいわゆる「生」は、「その他大勢ぜんぶ同じ」だね。
暑い時期には、これをそのまま軽くしたような「ライジングサン・ペールエール」ってのもなかなかイイね。
地ビール(最近はクラフトビアなどと言う)は、全国にいろいろあって、以前に比べてどれも格段に美味しくなっていると思うけれど、ベアードは直営店ってことで、安定していつでも飲めるのがとてもありがたい。

  
2014-02-12(Wed)
 

海賊と名乗るラーメン屋w

海賊の醤油ラーメン

似たような名前のベストセラーは、ま、置いといて、関内はさくら通りにある「ラーメン 味の海賊」。
看板メニューの「海賊ラーメン」は醤油味の餡かけラーメンということで、広東麺みたいなものか、ちょっと重いなと思って、醤油ラーメン(写真上)と焼売(写真下)を注文(ランチ時は麺類には小ライスが付く。もちろん、食わんでも良いのだがw)。
ラーメンは写真のような、大変にオーソドックスな見た目と味わいであった。
ラーメンらしいラーメンであって、最近のあまりにジャンク方面に振ったような奇を衒ったところはまったくない、好ましいものであった。
焼売も400円で6個もついてくるのに、ちゃんと中華鍋と蒸篭で蒸して出してくれる。

しかも、特筆すべきは(ま、当たり前っちゃ、当たり前なんだけどw)、麺担当と焼売はじめとした料理担当とのコミュニケーションがしっかりしていて、「焼売、あと2分くらいかな」「じゃ、麺茹でます」といった感じで、先にラーメンだけ出てきて閉口する、なんてことがないように気を配っているところ。
餃子がラーメン全部食い終わってから出てくるなんて論外だから、ありがたいオペレーションだと思ったね。
こういうところがしっかりしているから、お世辞にもキレイではないし、美味そうにも見えない外観ながら、いつも込んでいるのだと思った。

ま、オレの場合、海賊といえば、キャプテン・ハーロックなのだが、実写にはコケましたww

海賊の焼売

 
2014-02-11(Tue)
 

いや、もう、ニュータンタンメンのめちゃ辛でも食わないと、、、。

ニュータンタンメンめちゃ辛

渋谷に行こうと東横線に乗っていたのだが、えらく腹が減っていて、綱島でフラフラと途中下車。
日曜の午後に綱島で降りるとしたら、ニュータンタンメンを食うという以外には、目的は何もない。
定期券を持ってないので、途中下車をすると150円ほど損なんだけれど、ニュータンタンメンのためなら仕方がない。
営業時間とオレの都合の関係で日曜の午後しか食えないので、次はいつになるやら、ということもある。

かなりの空腹だったので「Aセット」(ニュータンタンメンに焼豚ご飯つきで950円)にする。
この店で不思議なのは、もう一つのセットがタンタンメンセット(ニュータンタンメンにご飯と味噌餃子2個、サラダ)というもので、なぜAセット/Bセットにしないのかまったく理解に苦しむのだが、サラダとか要らないので、たいていニュータンタンメンの単品かAセットである。

ニュータンタンメン単品のときは、100円のニラトッピングを追加するのだが、今回は、途中下車で渋谷まで150円余計にかかるとか、100円でニラをトッピングすると1000円超えるし、細かいのがないから千円札2枚消えるよな、とか考えて、ニラをやめた。
でも、実は、ビールを先に飲んだことを忘れていて、結局、会計は1450円とかで千円札はサクッと2枚消えたのであった(苦笑)
そうだよ、水じゃなくて、まずビールを注文したのだったよ。

辛さは、最近は「めちゃ辛」で安定した。以前は「大辛」だったけれど、基本、ここの唐辛子はあまり辛くないので、最高レベルまで行った。
これ以上(メニューにはないが)にすると、辛さ云々よりも、トウガラシの赤い欠片がスープの中で多くなりすぎるように思う。
タイ料理屋のトウガラシとか「日本一辛い黄金唐辛子」なんかを使って、辛さだけをアップさせると良さそうだけどね。
日本一辛い黄金唐辛子は、一時持ち歩いていたくらいなんだけれど、、、。

このニュータンタンメンってのは、川崎・横浜のローカルフードであって、まったくこの辺に住んで良かった、と思わせてくれる食いモンだね。
ホントに美味いと思うわ。
他にはなかなかない個性だよ。断じてラーメンではなく、「ニュータンタンメン」なのだな。
鶏ガラベースの醤油味スープに、ひき肉、大量のニンニクのみじん切りとトウガラシ、そこに溶き卵、という内容で、この組み合わせ、バランスが最高だと思う。

というわけで、45年ぶりの大雪の翌日、京都競馬(東京は中止)に「投票」。
馬連、三連複を完璧に的中させてニュータンタンメンを食ったわけだが、雪なんか降ったって、こうやって商売はやってんだから、雪だるまで忙しいとか、北国育ちから見たらまったく「何言ってんの?」って感じだよ。

 
2014-02-10(Mon)
 
プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。