スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

勝烈庵で燗酒でカキフライとロースカツ定食

勝烈庵のカキフライ

勝烈庵は寒い時期にはカキフライがある。
定食もあるのだが、1個300円で1個から注文できる。
これはありがたい配慮だね。

見ての通り、というか比較対象がないので、よく分からんかもしれないけど、大振りのカキフライで中には牡蠣が2つか3つ入っている。
そうなのよ、カキフライってのは、牡蠣1個で作っちゃダメなのよ。
それほど大きくはない牡蠣を2つか3つ、これを上手くまとめて1個のカキフライに仕上げるのが本格だと思う。
久しぶりに「美味い!」と思った牡蠣フライだったね。
問題は、見た目は普通のゴロンとした揚げ物だし、断面はちょっとグロテスクなので、なんとも写真だけでは美味しそうに見えない、ってことだなww

カウンターに座ってまずは、燗酒とカキフライを注文する。
昆布の佃煮と燗酒が出てくるので、ロースカツ定食(写真下)を追加する。
これは、既に決めているのだけれど、ロースカツ用の辛口のソースが、カキフライと同じくらいのタイミングで出てくるようにするわけだな。
ま、そう言えば良いのだろうけれど、お店のオペレーションに何らの割り込みや例外処理を入れずに、自分が最も快適に思えるようにする、ということであって、こういうことが通用するお店自体すでにかなり少ないので(まともなオペレーションがない)、これはこれで楽しみのひとつなのであるな。

ヒレカツの勝烈定食が看板なんだけど、肉としてもロースのほうが好きだし(たまにヒレを食うと美味いとは思うけど何か物足りない。それは勝烈庵に限らない)、ロース用として出されている辛口ソースのほうが、卓上に常備のソースより好きなので、いつもロースかつ定食になる。
カキフライを食うのに、ロース用辛口ソースが不可欠であるのも言うまでもない(醤油でも良いくらいだw)。
タルタルなどという中途半端なものがないのも好ましいね。

燗酒とカキフライは、相当に幸せな組み合わせだ。トンカツも燗酒がイイね。
夏はさすがにビールも飲みたいけれど、揚げ物に冷たい飲み物はいまひとつだと思う。
ま、ビールは、別の所で飲んできた、ってのもあるがww

勝烈庵で、燗酒で揚げ物を食って、キャベツをお代わりして、定食のご飯(小振りの器)もお代わりすると、なんともちょうど良い腹の加減となる。キャベツと良い油のせいだろう、まったくもたれたりしないので、すぐにまた食いたくなる(笑)。

勝烈庵のロースかつ

 
2014-02-25(Tue)
 

喜楽@道玄坂はエッセンスが詰まっている「ワンタン麺」が好きだねぇ、、、。

喜楽のワンタン麺

道玄坂の百軒店にある「喜楽」。
相変わらず込んでいるけれど、ここのワンタンメンはイイね。
基本の「中華そば」にワンタンを追加、という内容だけれど、ワンタンもたっぷりだしワンタンの形もちょうど良い(なんか皮が異様に長くてベロベロしているのは、汁を吸ったりしてどうもイカン)。
「もやし麺」も人気だけれど、チャーシューが入ってないんだよね。
でも、「チャーシュー麺」となると、チャーシューが過剰で飽きちまう。
「タンメン」は、ここでなくても、って感じだな。
「ワンタン」単体も良いのだけれど、炒飯と組み合わせると1400円なんだよねw
というわけで、ワンタン麺には、この店のエッセンスが詰まっていると思う。

焦がしネギの入ったシンプルな醤油味のスープは、最近ではなかなかお目にかかれないものだね。
ラーメンはやっぱり醤油だと思う。さっぽろラーメンも好きだけど、醤油が好きなんだよね。
新規開拓をしなくなったラーメンだけれど、ここはリストにあるお店の一つ。
渋谷を離れるので、行けなくなるなぁ、と久しぶりに食ってきた。
2階の窓際の席だったので、スープに青空が写りこんでいる。

 
2014-02-24(Mon)
 

カレースパゲッティってのは難しい。これを超えるのはなかなかない

インデアンスパ

インデアンカレーのカレースパゲッティ、一見、単にカレーライスのご飯をスパゲッティにしただけに見えるんだけど、なかなかこのカレースパゲッティを超えるものにはお目にかからない。
麺(たいして美味い麺ではないのが良いみたいw)と独特なカレーの味とのマッチング、両者の量のバランスが素晴らしい。
頼めば出してくれるけれど、チーズをかけたいという気にもならない。

試しに自分でスパゲッティを茹でて気に入っているレトルトカレーをかけてみるのだが、似て非なるどころか、似ても似つかぬ状態になるんだよね。
スパゲッティの味とカレーがケンカしてしまう。
スパゲッティは、アルデンテはダメで小麦が香ってもダメ。
それと、茹でた後に、ちょと油で炒めないとならないようだ。

ま、何気ないチープな一品なんだけど、真似ができないね。
カレー味で炒めたスパゲッティ(大手町のリトル小岩井とか。ま、あれがスパゲッティなのか疑問だがw)はあっても、ルーをかけ回すタイプのものは他には知らない。

 
2014-02-23(Sun)
 

「玉こんにゃく」ってのは、イイよねw

玉こんにゃく

以前はよく、山形に遊びに行っていた。
とにかく、山形ってのは、酒は美味いし(酒田の「杉勇」ってのが好きなんだけど、酒田って不便でなかなか行けないんだよね)、食いモンは美味い、温泉も良い、ってんで言うことないところだね。
本州の幅が狭いところなので、日本海の魚も太平洋の魚も入ってくる。
淡水魚なら鮎も名物だ。
米沢牛は美味いし、そばも美味い。あと、果物か。
米沢のカベルネソーヴィニオン100%のワインもかなり美味いよ。

泊まる宿は決まっていて、米沢から南に向かい、白布温泉をさらに奥に入って、天元台ロープウェイの下を途中まで登っていったところにある「新高湯温泉 吾妻屋旅館」。
逆に裏磐梯から入ると、檜原湖を抜けて、西吾妻スカイバレーのワインディングを堪能して、山形側に下ったところ。
1980年代に初めて行ってから、最近はちょっと足が遠のいてしまっているけれど、ずっと年に1回か2回、通っていた。
当然、源泉かけ流し、しかも1軒宿。
お湯が素晴らしいし、湧水がまた最高なので、タンクに詰めて持って帰ってくる。
また、女将さんの料理が美味い。
毎年、年賀状はいただくので、行きたいとは思っているのだが、、、。

ということで、新高湯に行く途中のSAや道の駅なんかで必ず食うのが、この山形名物「玉こんにゃく」なのだな。
ちょっと濃いめの味付けで、カラシをつけて、美味いねぇ、、、。
写真は、山形の酒を出す居酒屋(神田・樽平。樽平の酒は、色が濃くて味も濃いので、こういう肴によく合う)のもので、魚出汁の醤油味で煮てある。
ま、一串で燗酒1合だなw

こういうオーソドックスなのも良いのだけど、キリンシティの「玉こんにゃくのサブジ」(ま、カレー味のおつまみ)のように適応範囲が広いのがこんにゃくの良いところだね。
これも、美味いよ。ビールにぴったりで、行くとたいてい注文する。
すぐ出てくるのが良いね(キリンシティだけにビールより早いくらいww)。
こんにゃく自体には、濃厚な味があるわけではないので、料理次第なんだけど、ぷりぷりした歯ごたえがイイね。

こんにゃくの刺身ってのが好きで、子供の頃、他所の家に行ったときに初めて食ったんだけど、美味しい、美味しい、とエラい勢いでたくさん食ったらしいのだな。
親が、刺身を食わせてないのかと思われただろう、まったく恥ずかしい、などと怒っていたが、、、ww
いや、生の魚にはない上品さだと思うよ、こんにゃくの刺身ってのは。
居酒屋の子供だったので、ちょっと生臭くなった刺身なんかを食わさることもあったから、ますます上品に感じたのではないか?w
プレーンなのに加えて、柚子と青海苔との三食盛りなんてのも、シャレてるよね。

ちょっと調べてみたら、山形とこんにゃくってのは、なかなか面白いね。

・山形のこんにゃくの歴史( http://www.minkyo.or.jp/01/2011/11/0034.html

・玉こんにゃくを考案した「ヤマコン食品」( http://www.tamacon.co.jp/html/shiryou/tamakon.htm

 
2014-02-22(Sat)
 

「海賊」で餃子を食ったら7個も付いてきてびっくりだw

餃子@海賊

「味のラーメン 海賊」という店が近所にあって、なんだか薄暗い店なのにけっこう込んでいる。
何度か行ってみて、「なるほど、これはなかなかやるな」と思ったのだったww

・オーソドックスな醤油ラーメン、そんなバカ旨じゃないけど飽きない味で600円(昼は小ライス付き)という安さ
・餃子を注文したら7個も付いてきて550円(写真)
・ボリューム満点の野菜炒め(写真下)は、スープが付いて600円。ご飯は、自分でサイズを選ぶという合理的なメニュー
・前にも書いたけど、ラーメンと焼売を頼んだら、焼売が蒸し上がるまでラーメンは待機しているというオペレーション
・言ってしまえば広東麺なんだけどあえて「海賊ラーメン」としている命名センス
・夜は一品料理が良心的お値段

というような感じで、安いけど安すぎない(日高屋みたいなのもちょっとねぇ、、、)、普通に美味いけど美味すぎない、だから飽きない、外から見ると薄暗いけど店に入ってみると意外に明るい、などいろいろ気づかされたね。

ま、あと、本格な中華料理屋とは違って、ラーメンが日本的なんだよね。
言われてみれば、関内界隈は、中華街に近いこともあるんだろうけど、四川だの広東だのの中華料理屋はいろいろあっても、こういう日本的な「街の中華屋」ってのは、なかなかないんだよね。
向かいにある関西風立ち食いそばの「大門」と並んで、最近、よく行くようになったw
それにしても、ビールで餃子、ん? 餃子でビールか? ってのもかなり久しぶりだったな。

野菜炒め@海賊

 
2014-02-21(Fri)
 

亜寿加@渋谷の担々麺も食えなくなるな、、、。

亜寿加の排骨担々麺

JR渋谷駅南口の歩道橋で246を渡った所にある担々麺の「亜寿加」(あすか)は、ラーメン屋の新規開拓を止めて以降、リストに残してある数少ないラーメン屋の一つ。
ちなみに他は、渋谷だと「喜楽」だね。
あとは、恵比寿の「純連」と「瞠」。それと、ニュータンタンメン。ここまで。
中華街の「ネギそば」だの「しいたけそば」なんてのは例外だよw

亜寿加では、担々麺を「大辛」で(メニューにはないけど調整してくれる)、だね。
ご飯がサービスで、卓上の辛子高菜で食うのもなかなか良い。
この高菜は、坦々麺に入れてもコクが出て美味い。

太さが絶妙なストレート麺が美味いんだけど、麺自体が美味いと思えるラーメン屋は意外に少ないもんだよね。
奥の方で粉をぐるぐる回している機械があったけど、店内で製麺しているんですかね?
餃子の皮かな? 担々麺の胡麻ダレの胡麻かな? よく分かりませんw

他には、味噌、塩、醤油のラーメンやつけ麺、冷やしなどもあるけれど、やはり担々麺に止めを刺すと思う。
胡麻がキツすぎなくて(でろでろ甘いのはイマイチ好きになれないので)、絶妙な味わいだ。
中細ストレート麺との相性も良い。
この店も、行くようになって20年以上経つけれど、味もオペレーションもずっと安定している。

問題は、ベーシックな坦々麺か、看板メニューの排骨担々麺か、なんだよねw
いつも悩むところ。どっちかというと、坦々麺なんだけれど、排骨も捨てがたいね。
担々麺は、排骨の代わりにチャーシューが乗る。
排骨は、ボリュームもさることながら、スープに浸かっていると食べ進むうちに衣に含まれる五香粉の味わいがだんだんスープに移ってきて、微妙な変化が楽しめるのが良いところ。
それを避けるためか、あるいはパリッとした揚げたての食感を維持するためか、排骨を別盛りで注文したり、まずはサービスのご飯の上に乗せてしまったり、なんて工夫をしている人も見かける。
排骨を飯に乗せて、ちょっと担々麺のスープをかけて食うと、お下品で相当美味いww

渋谷を離れるので、もう食えなくなるなぁ、、、などと思いつつ、排骨にするかどうか迷った挙句に、坦々麺大辛を注文したのだが、その迷いが伝わったのか、なぜか、排骨担々麺の大辛が出て来たのでありました。
こんなことは初めてだったけど、ま、いいか、排骨食っておけってことか、どっちも1000円札が1枚消える範囲だし(780円と950円)、と思って最後の亜寿加名物を食ったのでした(笑)。

 
2014-02-20(Thu)
 

渋谷の福田屋にも「鴨せいろ」で別れを告げたw

福田屋の鴨せいろ

渋谷の道玄坂小路(麗郷通り)にあるそば屋の「福田屋」。
この店も、もう20年以上お世話になっている店だ。
ここも、常連客云々はあまり関係ないので、勝手にオレが通っていただけ、だね。
ここのもりそば(600円だったかな。安いよ)は美味い。
ちょっと緑がかった色のそばで、「そば粉の刺身」だなと感じさせるそばは、この値段で食えるような街中の安いそば屋にはなかなかない。
汁の具合もかなり良い(そばは良くても汁が負けてる店はけっこうある)。
種物は、そばが細打ちなので、急いで食わんとならないし、せっかくのそばの香りが熱い汁でかなり消えてしまうので、もりそばを食うことが多い。
寒い時期の「牡蠣そば」なんてのは上品で良いけどね。

酒肴も豊富で、ぬたとか合鴨焼きなんかを2、3品注文して燗酒を飲み、最後にもりそばってのが良い。
中でも、コロッケが美味い。これが食いたくて行くことも多々だった。
2個600円で一人客には1個300円で出してくれる。
「オレが作るみたいなコロッケ」で、渋谷界隈の飲み屋では間違いなく最高だね(笑)。

ま、そういう店なんだけど、このときは、別なところで飲んできての締めだったので、酒は飲まずに「鴨せいろ」一発にしてしまった。
帰りの東横線が長いので、トイレに行きたくなるかも、とかいろいろ考えるのだな(苦笑)。

福田屋は、21時閉店だ。そば屋にしては遅くまでやっている方ではあれどね。
なので、普段なかなか行けないし、20時台はいつもかなり込んでいる。
それも、仕事は引退したような年配のグループの宴会で込んでいる。
このときも、店と客がシンクロして、すさまじい勢いで高齢化しているのが痛いほど感じられた。
相席前提のデカいテーブルの端がかろうじて空いているだけのほぼ満席だったのだが、オジサンと一緒に来ている女性2人を除くと、ざっと見、オレが最年少の客だった。

相席前提のテーブルだけ、客が入れ替わっていて、それ以外の席は、すべて延々飲んでいるという状態だ。
着ているモノから見て、引退したと思しき8人の団体と6人の団体で、奥のベンチシートのテーブル席は一杯。
大きな声で笑いながら、焼酎のそば湯割りを延々と飲んでいる。
おそらく、明るいうちから来て、閉店までだろう。
そば屋ってのは、飲むにしても、もうちょっとさくさく回転しないと申し訳ないと思うけどねw
ま、渋谷で飲めるところに住んで、友達がいて、元気に飲める、金もある、という、表面的には絵に描いたような幸せな老後、であるな。

なお、この手の客(明るいうちから延々飲んでいる現役引退の団体)が多いのは、この福田屋とビアホールの「ライオン」だ。
ま、若い頃から慣れ親しんだブランド、ってことなんだろうね。
不思議とキリンシティにはいないんだよね。
オレは、ライオンにはいろいろ呆れているので、キリンシティばっかりだけどね(ラムローストもあるしw)。
キリンシティだと、客の中ではオレは年が行っている方だな。

福田屋も創業50年以上で、バタコさんみたいなオバちゃんもずいぶん歳を取った。
自社ビルみたいだからいろいろと我慢が利くのだろうけれど、集っている高齢の客が飲めなくなって来なくなると、それとともに消え行くのだろうか、、、。
いつ行っても、若い客はいないし、フロアもバタコさん以外は全て外国人になっている。
時代と世代、ってものを強く感じさせる店だね。
昭和歌謡的な音楽の流行りのようなものは、食いモンにも確かにあるね。
居心地の良い店であることは、間違いない。
以前、出てったはずのオジサンが「靴下忘れた!」って戻ってきたのを見たことがある(そもそも、席で靴下まで脱ぐかよ? 最悪でも靴履くときに気付けよww)。どんだけリラックスしてんだか(苦笑)。
というわけで、福田屋にも感謝しているのであります。

 
2014-02-19(Wed)
 

オレも、こないだ「天ぷら、食ったよ」w 牡蠣の天ぷらだけどね

牡蠣の天ぷら

3つくらい前のエントリで「こいわし」をアップしたけど、その時にいま話題の天ぷらも先取りして食っていたのだった(苦笑)。
赤坂じゃなくて銀座だったけどねww

揚げ物には、カキフライか天ぷらか、という選択で天ぷらを。
和食に日本酒だったので、ソースにせよタルタルにせよ、カキフライではちょっと味の並びを崩すように感じたのだな。
牡蠣の天ぷらには、塩と天つゆなんだけど、しし唐だのは天つゆだけど、牡蠣に限っては塩だな。
牡蠣ってのは、生も良いけれど、火が通るとまた美味い。
貝ってのは、全般にほんのちょっと火を通すと臭みが消えて甘みが増すよね。
ホッキ貝なんて典型だね。生だと紫がかったどす黒い色なんだけど、さっと湯にくぐらせる、あるいは湯が沸いた薬缶の注ぎ口の湯気の中を通したりする。
ホタテなんかも同様。
さらに、天ぷらなどの揚げ物は、衣で旨みが閉じ込められるから、ふっくらジューシーでイイよね。

ま、「天ぷら、食ったよ」というフレーズには、困った思い出があるのだが、別の機会に、、、w

 
2014-02-18(Tue)
 

この時期ならでは、カキ酢とホタルイカで燗酒

カキ&ホタルイカ

カキは寒い時期の食いモン、ホタルイカは春先の食いモン、ってことで、これを両方注文して燗酒を飲めるのは、この時期ならでは。
カキは、産地によって大きさの傾向があるけれど、ホタルイカはハシリなのでまだ小さいね。
殻付きの生牡蠣よりむき身のカキ酢の方が好きなのには、いくつか理由がある。

・むいた状態でカキを洗いたい(ザルにとって冷水の中でゆするとけっこう汚いと知れる)
・殻つきは割高。1個400円とかする。カキ酢なら数粒で500円くらいw
・ベロンと殻にカキが張り付いていて、見た目があまりよろしくない
・殻の欠片が口に残ることがある
・燗酒には、レモンなどよりポン酢が好ましい
・何より、汁がこぼれたりせず食いやすい

ま、こんなところか?
一方のホタルイカ、これは、茹でたものを酢味噌で、に止めを刺すと思うね。
ま、酢味噌が残念なこともたまにあるけど。

いずれにしても、生はイカンよ、生は。産地の富山では生は食わないんだから。
出す方も食うほうも、チャレンジャー(無知&無謀の意味)だ。
そういう意味では、カキも3個までらしいけどね。ガイジンがオイスターバーとかでバカみたいに平らげてるけどねww

ホタルイカの生は、オレも食ったことはあるけれど、目玉なんかがゾリゾりするし、ワタが生臭くて、お世辞にも美味いとは言えない。
イカのワタは、ゴロとも言って、活きたイカ(スルメイカとかね)を刺身にしてくれるようなところでは、ゴロだけを輪切りにして出してくれる。
これは、今さばいたばかりなので、濃厚で上品な甘みが素晴らしいけどね。

あと、「沖漬け」だね。獲れたばかりのイカを船上でそのまま醤油に漬ける。
浸透圧でイカの体内に醤油が沁みこんで行って、新鮮なまま醤油漬けになる。
醤油が沁みこんでくるのをどうにもできないイカがなかなか不憫ではあるが、、、。
沖漬けには、大きなイカもホタルイカもある。
ホタルイカの場合は、丸ごと食うことになるけど、生と同様に目玉、くちばし、骨が口に当たるね。
ワタは醤油と相まって生臭いこともなくかなり美味い。
スルメなどの大きなイカの場合は、刺身の要領で捌いて、ワタと身を別々に盛り付けたり、それを和えたり、というのが普通なんだけど、冷凍状態を半解凍にして、丸のまま輪切りにするのもなかなか良い。
イカのCTスキャン状態だな。醤油が造影剤w
イカの胴の中にワタが詰まっていて、それが凍った状態で形が崩れていないので、食べやすいし口の中でじわっと融けてワタを味わう感じが良い。
ま、燗酒でないと、ちょっと冷たいけどね。
なお、これは、だらだらと放置しておくと、完全に融けてしまって、でろでろになるので、とにかく融けきる前にさっさと食わないといけない。

「雪のせいか脱線してしまった」が、ホタルイカは春先のものだけに、菜の花のお浸しとか独活なんかが添えてあるとなお良し、ではあるな。
洋風のマリネ、パスタの具なんかにも美味いね。いずれも、とにかく生はダメ(笑)。

 
2014-02-17(Mon)
 

近所の沖縄料理屋のランチを二つ(いっぺんに食ったのではないw)

沖縄そばハーフとゴーヤチャンプルー

近所にある沖縄料理屋のランチがなかなか良心的で美味い。
特に、沖縄そばは、これまで食ったもののなかで、塩気がまろやかで最高レベルだと思う。

写真上は、沖縄そばハーフとゴーヤチャンプルー、ご飯としば漬けの定食。
写真下は、沖縄そばと三枚肉丼ハーフのセット。
どれも、塩気がキツくないし、卓上の泡盛トウガラシ(コーレーグースと言うのかな?)をちょいとかけるとイイね。
泡盛トウガラシは、そばに入れ過ぎると香りが立ちすぎるのだけれど、炒め物やあえ物にかけると美味い。
夜に行ったときにミミガー(必ず、目が、目がー、とか、鼻がー、とか言いたくなるが我慢w)のネギポン酢和えにかけたら素晴らしかった。
あと、カレー味のゴーヤチャンプルーもなかなか美味い。

木曜と金曜の夜に限っては、深夜までやっているので、「日が暮れたらラーメンは食わない教」に帰依している身ではあれど、「これは断じてラーメンではない」と言い聞かせて、妙に晩飯が早くて夜中に腹が減ったときにたまに食いに行く。
沖縄そばは、脂っぽくないししょっぱくないし、麺の量もそう多くはない(ハーフも選べるけど、結局足りない、ってことになりそうなのでフルポーションw)ので立ち食いそば(衣ぼったりの天ぷらとか実はもたれる)並みに軽いと思う。というか、そう思いたいw。
ベイスターズ通りの「べにはま」。

沖縄そばと三枚肉丼ハーフ

 
2014-02-16(Sun)
 
プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。