FC2ブログ

[御殿場] 鶏と玉ネギの甘辛炒めが乗った「鶏丼」をワンランクアップさせるのは?

鶏丼

近所の街場中華・漢風のサービスメニュー「鶏丼」(小さいスープ付き590円税別はお値打ち)。
鶏と玉ネギの甘辛炒めがご飯に載っていて、紅ショウガが添えてある、というだけなんだけど、これがなかなか美味い。
ところが、これが最近、ワンランクアップした。
鶏丼自体は、以前と同じなんだけれど、卓上に粉山椒を置くようになったのだ。
これまでは、辣油、酢、醤油、胡椒だったところに、山椒が追加された。
もちろん、麻婆豆腐や担々麺に振っても良いのだろうけど、甘辛い鶏丼にベストマッチなのだ。
辣油だと油っぽくなる、酸っぱくするのは本意ではない、十分に塩気はあるなどで、どの卓上調味料を追加しても、なんとなくぼんやりしていたのだが、山椒は違う。
牛丼チェーンなどの下手な鰻(山椒が小パックでセコい感じもあるw)より、相性が良いと思わせるくらいだ。

 
関連記事
スポンサーサイト



2019-08-20(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
columns
お仕事ブログ

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR