未知の食いモン「須山うどん」であるw

須山うどん

「須山うどん」ってのを初めて食った。
須山ってのは裾野市の一地域の名称で、この細打ちのうどんは裾野市の名物らしい。
ま、あまり知られてないよね?
市内の渡邉製麺所(こちらのブログが素晴らしい)というところが昔ながらの製法で作っている(裾野市の観光案内はこちら)。
うどんというより太目の冷麦の様相なんだけど、素麺や冷麦では物足りないけど太いうどんはどうもね、ってときにちょうど良い稲庭うどん的なポジションだな。

実は、「須山うどん」というのが、うどんそのものを指しているとは知らなくて、「なんだよ、緑の餃子を入れて須山かよ、安直だなぁ」なんて思って食ったのだけど、出てきたものを見て、変わった麺が入っていたので、うどんそのものが須山うどんだと知った。
餃子、しかもモロヘイヤの入った緑の餃子も裾野の名物(ゆるキャラまであるw)らしいので、合わせ技でより裾野色が強くなっているのだな。
つか、「裾野は日本一の餃子好き」なんだそうだ(笑)。
Webサイトまである(こちら)。

写真の須山うどんは、市営の温泉施設「美人の湯」(素晴らしく効く泉質だ)の食堂のもの。
緑の餃子と山菜の水煮、とろろ昆布、かまぼこ、ネギ。
餃子なので最後の方にはラー油を垂らしたらなかなか良かったね。
炒麺にしても良さそうだし、冷製トマトソースでカッペリーニの代わりにしても良さそうだ。

 
関連記事
スポンサーサイト
2014-02-27(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR