この時期ならでは、カキ酢とホタルイカで燗酒

カキ&ホタルイカ

カキは寒い時期の食いモン、ホタルイカは春先の食いモン、ってことで、これを両方注文して燗酒を飲めるのは、この時期ならでは。
カキは、産地によって大きさの傾向があるけれど、ホタルイカはハシリなのでまだ小さいね。
殻付きの生牡蠣よりむき身のカキ酢の方が好きなのには、いくつか理由がある。

・むいた状態でカキを洗いたい(ザルにとって冷水の中でゆするとけっこう汚いと知れる)
・殻つきは割高。1個400円とかする。カキ酢なら数粒で500円くらいw
・ベロンと殻にカキが張り付いていて、見た目があまりよろしくない
・殻の欠片が口に残ることがある
・燗酒には、レモンなどよりポン酢が好ましい
・何より、汁がこぼれたりせず食いやすい

ま、こんなところか?
一方のホタルイカ、これは、茹でたものを酢味噌で、に止めを刺すと思うね。
ま、酢味噌が残念なこともたまにあるけど。

いずれにしても、生はイカンよ、生は。産地の富山では生は食わないんだから。
出す方も食うほうも、チャレンジャー(無知&無謀の意味)だ。
そういう意味では、カキも3個までらしいけどね。ガイジンがオイスターバーとかでバカみたいに平らげてるけどねww

ホタルイカの生は、オレも食ったことはあるけれど、目玉なんかがゾリゾりするし、ワタが生臭くて、お世辞にも美味いとは言えない。
イカのワタは、ゴロとも言って、活きたイカ(スルメイカとかね)を刺身にしてくれるようなところでは、ゴロだけを輪切りにして出してくれる。
これは、今さばいたばかりなので、濃厚で上品な甘みが素晴らしいけどね。

あと、「沖漬け」だね。獲れたばかりのイカを船上でそのまま醤油に漬ける。
浸透圧でイカの体内に醤油が沁みこんで行って、新鮮なまま醤油漬けになる。
醤油が沁みこんでくるのをどうにもできないイカがなかなか不憫ではあるが、、、。
沖漬けには、大きなイカもホタルイカもある。
ホタルイカの場合は、丸ごと食うことになるけど、生と同様に目玉、くちばし、骨が口に当たるね。
ワタは醤油と相まって生臭いこともなくかなり美味い。
スルメなどの大きなイカの場合は、刺身の要領で捌いて、ワタと身を別々に盛り付けたり、それを和えたり、というのが普通なんだけど、冷凍状態を半解凍にして、丸のまま輪切りにするのもなかなか良い。
イカのCTスキャン状態だな。醤油が造影剤w
イカの胴の中にワタが詰まっていて、それが凍った状態で形が崩れていないので、食べやすいし口の中でじわっと融けてワタを味わう感じが良い。
ま、燗酒でないと、ちょっと冷たいけどね。
なお、これは、だらだらと放置しておくと、完全に融けてしまって、でろでろになるので、とにかく融けきる前にさっさと食わないといけない。

「雪のせいか脱線してしまった」が、ホタルイカは春先のものだけに、菜の花のお浸しとか独活なんかが添えてあるとなお良し、ではあるな。
洋風のマリネ、パスタの具なんかにも美味いね。いずれも、とにかく生はダメ(笑)。

 
関連記事
スポンサーサイト
2014-02-17(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR