さらば、鳥竹@渋谷。30年間変わらぬ焼き鳥に感謝する

赤星とお通し

渋谷の鳥竹に行ったら、まずは赤星の瓶ビール。
お通しは、このときは昆布豆。焼き鳥が焼けるまでにちょうど良い。
焼き物は、「焼き鳥、合鴨、塩一丁、つみれタレ」くらい。
つみれ焼きというのは、ピーマンの肉詰め。
その後、付属の鶏スープが素晴らしい「キジ焼き丼」(笹身のタレ焼きがご飯に乗った丼)。
いや、相変わらずで美味いし、量はたっぷりだし、安いし、で大変にありがたい。
焼き鳥などの写真は、下の方にまとめてアップしておきますねw
順に、つみれ焼き、焼き鳥と合鴨の塩、カウンター上の短冊、キジ焼き丼。

ここは、1984年に就職で東京に来た頃に、当時の勤務先にバイトで来ていた青山学院大学の学生に教えてもらったのが最初。
以来、勤務先や事務所の場所の都合なんかで、ちょっと行かなくなった時期があったりはしたものの、約30年の付き合いだ。
とはいえ、常連とべたべたするような店ではないので、単にオレが好きで行き続けているだけなんだけどね。
ダメなバイトはすぐ淘汰されるので、いつ行ってもオペレーションがしっかりしているのもイイね。

大晦日に明るいうちから一人で飲んでいたとか、会社勤めしていた頃は渋谷乗り換えだったので、金曜日の夜は毎週のように競馬新聞を見ながら飲んでいたとか(最近じゃ目が悪くて競馬新聞はもう無理だねww)、たいてい一人だったのだが、ま、いろいろと思い出す。

渋谷の道玄坂に借りている事務所も2月いっぱいだし、引っ越しも控えているし、おそらく鳥竹にはなかなか行けなくなるだろう。
ということで、「鳥竹納め」、完了しました。
30年間、変わらぬ焼き鳥を食わせてもらって本当に感謝している。

つみれ焼き

焼き鳥、合鴨、シオイッチョ

短冊

キジ丼

 
関連記事
スポンサーサイト
2014-02-14(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR