いや、もう、ニュータンタンメンのめちゃ辛でも食わないと、、、。

ニュータンタンメンめちゃ辛

渋谷に行こうと東横線に乗っていたのだが、えらく腹が減っていて、綱島でフラフラと途中下車。
日曜の午後に綱島で降りるとしたら、ニュータンタンメンを食うという以外には、目的は何もない。
定期券を持ってないので、途中下車をすると150円ほど損なんだけれど、ニュータンタンメンのためなら仕方がない。
営業時間とオレの都合の関係で日曜の午後しか食えないので、次はいつになるやら、ということもある。

かなりの空腹だったので「Aセット」(ニュータンタンメンに焼豚ご飯つきで950円)にする。
この店で不思議なのは、もう一つのセットがタンタンメンセット(ニュータンタンメンにご飯と味噌餃子2個、サラダ)というもので、なぜAセット/Bセットにしないのかまったく理解に苦しむのだが、サラダとか要らないので、たいていニュータンタンメンの単品かAセットである。

ニュータンタンメン単品のときは、100円のニラトッピングを追加するのだが、今回は、途中下車で渋谷まで150円余計にかかるとか、100円でニラをトッピングすると1000円超えるし、細かいのがないから千円札2枚消えるよな、とか考えて、ニラをやめた。
でも、実は、ビールを先に飲んだことを忘れていて、結局、会計は1450円とかで千円札はサクッと2枚消えたのであった(苦笑)
そうだよ、水じゃなくて、まずビールを注文したのだったよ。

辛さは、最近は「めちゃ辛」で安定した。以前は「大辛」だったけれど、基本、ここの唐辛子はあまり辛くないので、最高レベルまで行った。
これ以上(メニューにはないが)にすると、辛さ云々よりも、トウガラシの赤い欠片がスープの中で多くなりすぎるように思う。
タイ料理屋のトウガラシとか「日本一辛い黄金唐辛子」なんかを使って、辛さだけをアップさせると良さそうだけどね。
日本一辛い黄金唐辛子は、一時持ち歩いていたくらいなんだけれど、、、。

このニュータンタンメンってのは、川崎・横浜のローカルフードであって、まったくこの辺に住んで良かった、と思わせてくれる食いモンだね。
ホントに美味いと思うわ。
他にはなかなかない個性だよ。断じてラーメンではなく、「ニュータンタンメン」なのだな。
鶏ガラベースの醤油味スープに、ひき肉、大量のニンニクのみじん切りとトウガラシ、そこに溶き卵、という内容で、この組み合わせ、バランスが最高だと思う。

というわけで、45年ぶりの大雪の翌日、京都競馬(東京は中止)に「投票」。
馬連、三連複を完璧に的中させてニュータンタンメンを食ったわけだが、雪なんか降ったって、こうやって商売はやってんだから、雪だるまで忙しいとか、北国育ちから見たらまったく「何言ってんの?」って感じだよ。

 
関連記事
スポンサーサイト
2014-02-10(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR