つばめグリルで昼飯に「ラムのロースト」

ラムのロースト

つばめグリルってのはホントにイイね。
立ち回り先にけっこうあるので、全24店舗なのだとはちょっと信じられない。
気取ってないし、オペレーションは悪くないし、量もしっかりあるし、値段も高くないし、何よりサッポロ黒ラベルの生がライオンで飲むより美味いってのが素晴らしいw
「つばめ風ハンブルグステーキ」ってアルミホイルに包んでビーフシチューと一緒に焼いたハンバーグが名物だけれど、オレの場合、ハンバーグってのは外で食う気にならんものの典型なので、田舎風テリーヌとかポークのペッパーステーキとかを食うわけだな。
あと寒い時期はサロマ湖産の牡蠣のオーヴン焼きなんてのもある。
チキングラタンなんてのも、自分で作ったような素朴なホワイトソースで美味いよ。
他にも捨てがたいメニューがいろいろあるありがたい店だね。
ビールもドイツビールがあったりするし、ワインはグラスとボトルだけではなくてデキャンタでも出してくれる。

というわけで、ちょっと久しぶりにつばめグリルで昼飯を食った。
ランチメニューが5種類くらいあったけれど、迷わずこれだ、「ラムのロースト」。
ラムの赤身にベーコンを巻いてローストしてある。
ソースはマスタードソースだな。
羊にしては上品だけど、ジンギスカンだとこま切れなので、こういうある程度の塊の羊肉は嬉しいね。
前にも書いたけど、NYで食った靴の底みたいな赤身のステーキを思い出す。

あと、ランチだとトマトのファルシーサラダ(写真下)を+150円で付けられるのも良いね。
湯むきしたトマトの芯の部分をくり抜いて、コールスローを詰めて冷やしたものにドレッシングがかかっている。
これ、夜に単品で注文すると確か倍以上するので、付けない手はないと思う。

ファミレスが全滅した今、こういう荒れていない気軽に入れる洋食チェーンは本当に貴重な存在だと思うね。
ちょうど良いビジネスの規模感ってものがあるんだろうね。
1930年創業、資本金1000万円だよ。
従業員190人、パート900人とかいるのに、1000万だよ。たいしたもんだ。

トマトのファルシーサラダ
 
関連記事
スポンサーサイト
2014-02-07(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR