中華の前菜3種盛り。これは独りの時はまず食わんなw

中華の前菜3種盛り

中華の前菜3種盛りってのは、なかなか魅力的なんだけれど、独りの時はこれだけでけっこう腹一杯な感じもあって、さすがにまず注文しないw
この時は3人だったので、前菜3種盛りから始められた。
蒸し鶏と叉焼とクラゲなんだけど、クラゲと太さを揃えた切り干し大根がまぜてあるのが良かったね。
食感の違いと味のバランスが、クラゲだけより好ましい感じがした。
この後、干し豆腐の炒め物だの、酢豚だの、酸辣スープだのなんだのかんだの。
ま、中華料理屋は、スープ(酸辣スープは相当好きなんだけどねw)だけで腹がタプタプになるとか、独りだとかなり限定されるよねw
1人分のコースを出してくれるような店も、あることはあるんだけど、それでも選択肢は限られる。
とは言うものの、四川とかの辛いもの方面だと、辛さの基準が合わない場合も多々なので、やっぱり独りが気が楽ではあるな。
あとは独りだと点心系か、、、。小籠包とか蝦餃(エビ餃子)とか、いくらでも食える感じで困るけどねw

 
関連記事
スポンサーサイト
2014-02-01(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR