生春巻きとチャーンビールでスタートし、何を食うかを考える

生春巻き

タイ料理屋に入って、チャーンビール(シンハより好きだな)とまず何か軽いものを一品。
このときは、茹でたエビと野菜の生春巻き。
生春巻きってのは、ライスペーパーで巻いてあるんだね。
揚げたのは、小麦粉の皮だから、春巻きと言っても、けっこう違うもんだ。
ま、エビと野菜のサラダ(プラークンだったかな?)を食うという手もあるんだけど、食べやすくまとまっているのが春巻きの値打ちだな。
タイ料理得意のスイートチリソース(ピーナッツを砕いたのをトッピングしてあった)なんだけど、これはさすがに甘すぎなので、クルワンポン(酢とトウガラシとナンプラーと砂糖の卓上調味料セット)をもらって、トウガラシとナンプラーで味を調える。
それにしても、タイ料理屋のトウガラシってのは、牛丼屋のかけてもかけても辛くないトウガラシと違って、ビシッと辛くて最高だね。
すぐに首から上が汗だくになる。
で、これを食いつつ、メインと締めを何にするか、メニューをじっくり眺める。
このときは、鶏の辛い炒め物(レッドカレーのドライ&ホットバージョン)とパッキーマオ(太い米の麺の辛い焼きそば)にした。
全部辛いメニューで、なかなかスッキリしたw
タイ料理は、油がキツくないので良いね。

おっと、もう明日で1月もお終いか。あまりジャンクなものは食ってないね。
なお、最ジャンク賞は2013年の限定企画です。
私が一番ジャンクであるという結論に達しましたのでご了承ください(笑)。

 
関連記事
スポンサーサイト
2014-01-30(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR