アイリッシュパブのピザ

82ピザ

「Hub」と「82 Ale House」ってのは同系列で、元々ダイエーが始めたパブチェーンだけに、サントリー系の酒もアサヒ系の酒も関係なくいろんな酒が揃っている。
しかも、大量仕入れのためかウイスキーがえらく安い、というありがたい店だ。
こないだ入った店なんか、グレンモーレンジのネクタドールが600円(!)、ラサンタに至っては500円(!)だったよ(ちゃんと1ショットの量だった)。
これは、普通のバーのほぼ3分の1の価格だよね。
例えば、ラフロイグのストレート(500円)とチェイサーにラフロイグのソーダ割り(ソーダ+100円で600円)を注文しても、1100円で済む。
ソーダ割りをチェイサーにすることで、ラフロイグのヨード香を完全に洗い流さずに、ストレートの次の一口につながる、という素晴らしい飲み方だと思うんだけど、これ、普通のバーでやると、いくら金があっても足りないw

それと、たいていCOD(キャッシュ・オン・デリバリ)でカードが使え、持ち金が少ないときでも安心ってのありがたい。
店によっては Suica も使えるので、財布を忘れても、携帯さえあれば飲みつつチャージしていくらでも飲めるのが最高だ(笑)。

酒と金の話ばかりになってしまった(苦笑)けれど、食いモンも悪くないんだよね。
ローストビーフ、ハギス、グラタンなどが1人向けの適量で安いし、サンドイッチ(ビールにサンドイッチってのはイイよねぇ、、、)も、季節によって変わるのがなかなか良い。
この時は、ピザ。
サイズが適当で、具もシンプル。生地も薄くてありがたい。
せっかくのイタリアンピザをシカゴピザみたいなジャンクなものに焼き直したアメリカ人は許せんねw
ま、でも、宅配ピザの照り焼きだのカニマヨだのの具材てんこ盛りは、もっと許せんな。
ヴェニスで食ったピザなんて、カリカリに薄い生地にアサリのトマトソースとパセリだけで、チーズさえ乗ってなかったくらいだよ。

 
関連記事
スポンサーサイト
2014-01-25(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR