スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

下手な寿司屋より遥かに美味い「いくらおろし」

いくらおろし

いくらおろし。いくらの醤油漬けと大根おろしであるな。
ま、大根おろしは良いから、いくらだけでたっぷり食いたいよ、という気もするが、、、(ま、480円だからね:笑)
いくらは、自分でヒトハラ買ってきて、ぬるま湯と斜めに切った大根を刃にして、丁寧にほぐしてから、純米酒と醤油を1:1で混ぜたものに冷蔵庫で2日くらい漬けて、それを大体2日以内くらいに食い切る、ってのが最も美味い。
それ以上になると、漬かり過ぎるってのもあるけれど、白くなって傷んでしまう。
これを超えるいくらには、滅多にお目にかからないけれど、ま、さすがに食い切らんので、こうやって外でちょこちょこと食うわけだ。

寿司屋で軍艦巻きでいくら、ってのはよくあるけれど、下手な寿司屋のいくら(ま、ウニもだけど)なんてのは、全然嬉しくないよね。
そもそも、塩気がキツ過ぎるし、まったく皮に張りがない。
味も漬かりすぎでフレッシュ感がなくちょっと生臭い。
最近だと、粒が小さくてマスの子だろ、というのも多い。
大量に流通しているいわゆるいくら醤油漬けってのは、去年かその前か知らんけど、冷凍モンなんだろうと思う。
鮭の成熟した卵巣なんだから、年中あること自体、おかしいでしょ?w
夏の北海道に遊びに行って「いくら、美味い!」なんてのも、少なくとも去年のいくらなんだから、内地からの観光客ってのはおめでたいよねwww
チリとか南半球から来るにしても(来てんのかね?)、冷凍だよね。
ま、でも、冷凍ってのも大したもんで、それでも十分美味いってのはあるけどね。

カードが使える大衆居酒屋「亀松」ベイスターズ通り店。
ちょっと皮が堅めだったけれど、魚屋の店だけに下手な寿司屋より遥かに美味い。
久しぶりにフレッシュでしょっぱくない、いくら醤油漬けを食ったのでありました。

 
関連記事
スポンサーサイト
2014-01-20(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。