スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

なんとなく「インデアンカレー」

インデアン

丸の内TOKIAがKITTEと地下でつながった。
東京駅の地下からKITTE経由で外を通らずに、雨でも風でも雪でも、容易にインデアンカレーにたどり着くことができる。
いままでも、京葉線のほう(東京国際フォーラムのほう)からだったら行けたけれどね。
というわけで、久しぶりにインデアン。
時間も外れていたので、すぐに入れた。

ルー大盛りとか、ルーダブルとかいうのは、貧乏臭いと思うのでレギュラー。
貧乏臭い割りに、ルーの増量はけっこう高いんだよね。
ルーの量は迷わないけれど、カレースパゲッティとは、どっちにするかいつも迷うけどね。
Suicaで払えるのがありがたい。

インデアンでは、ライスにルーを掛け回すようになるまでに修行が要るらしいのだが、それでも牛肉の欠片の数にはバラツキがある。
このときは、大当たり!
手前のデカい肉が嬉しいねww
運が悪いと、上のほうにあるカスみたいなのしかない、なんてこともある。
ちょっと、得した気分なんだが、なんて矮小な喜びなんだ、ともちょっと思うのであった。

※なんだか最近、デジカメがすぐに夜景モードになってしまって、今ひとつの写りであるな。

  
関連記事
スポンサーサイト
2014-01-17(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。