スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

崎陽軒会長がお亡くなりになったので追悼ランチを

シウマイ弁当

シウマイの崎陽軒の会長が91歳でお亡くなりになったというニュースを見て、近くのJRの駅で「シウマイ弁当」を買って仕事場に戻ってきた。
追悼ランチだね。

就職でこっちに来たばかりのころから、変わらぬ内容で美味い。
写真下は、未開封の状態。包み紙の絵柄がいまどきの風景なんだね。
いつも食い気一方で、簡単に破って捨てていたので気付かなかった(ま、今回もなんだけど、写真を撮ったので:苦笑)。
この弁当は、駅弁というにはずいぶん広まったけれど、いわゆる駅弁というのは、ちゃんと包んであって中身が見えないのが大事な点なんだよね。
コンビニの弁当のように透明なフタで中身があからさまでは、駅弁を名乗ってはいけないのであるなw

シウマイ弁当は、もちろんシウマイが特徴なんだけれど、それと並んで甘じょっぱいタケノコの煮物でご飯が進む。
米も美味い。湿気を吸う経木の弁当箱が効いている。いまどき、経木の容器ってのも、ちょっとないよね。
おかずの内容、ご飯の量など、もろもろ素晴らしいバランスなんだけれど、缶ビールを1本飲んでも、そのちょうど良さ加減が維持されるってのも不思議なところ。

横浜から列車でちょっと遠出、なんてときには、車中の飯の大本命だし、夕方に売店の前を通ったら、15個入りの「昔ながらのシウマイ」をつい買ってしまう。
このシウマイは、冷凍品ではないので、常温販売。製造から17時間以内が賞味期限なんだよね。
そのままでも良いけど、蒸し器で温めて食うと一段と美味い(ま、ラップかけてレンジだがw)。
確か、サロマ湖のホタテを使っているということだったような記憶がある。
歯ごたえのある真面目な味で、中華街の安記の焼売に似ているかな、、、。
あと、シウマイには、「ひょうちゃん」というキャラの小さな瀬戸物の容器に入ったしょうゆが付いているんだけれど、この絵柄が何種類もあって楽しいし、弁当を作るときに重宝するんだよね。

18日に妙蓮寺で葬儀だということなので、そのくらいの時間帯に東横線で前を通過して、黙祷したいと思う。

シウマイ弁当未開封

 
関連記事
スポンサーサイト
2014-01-16(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。