スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

これだ、というのにはなかなか当たらないのがナポリタンw

ナポリタン

ま、普段、滅多に食わないってのもあるんだけど、これだ、ってのになかなか当たらないのがナポリタンだな。
まず、具の内容が問題。
肉っ気として、ハム、ベーコン、ソーセージなどがあるわけだけれど、ここは、粗挽き系のウインナソーセージを3㎜くらいにスライスしたのが一番うれしいね。
あとは玉ねぎとピーマンか。マッシュルームなどはなくてもよろし。
若干、邪道なんだけど、玉ねぎの後に生のトマトをざく切りにしたのを入れて、型崩れしない程度に炒めると相当美味い。
さらに問題は、ソースだね。単にケチャップで炒めただけ、というのはイカン。
ピューレ、若干のソース、一垂らしの醤油、なんかを加えてまとめてあると良い。
最後に麺なんだけど、アルデンテでなくて良いので、ちょっと太目が良いね。
麺が細いと、一口食ったときにケチャップ系ソースと麺とのバランスがソース過剰になっちまうんだよね。
最後に、安物で良いからパルメザンとタバスコを脇に置いて、かけ放題で食いたい。
事前にチーズがちょこっと振ってある、なんてのはよろしくない。
そばを食う時にひと手繰りごとに箸先でつまんだそばに七味を振るように、食べるときにチーズを、という感じで行きたいものだ。
というわけで、たまにナポリタンを食ってみたのだが、なかなか「これだ!」とは行かないのであった。
ま、いつでもメニューにあること自体、ありがたいことではあるね。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-31(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。