「豚肉とナスの辛いサラダ」でもろもろタイに感謝

豚とナスのサラダ

断食をして腹の中を空っぽにした後は、ま、断食の期間にもよるのだけれど、1日や2日ならお粥か温かいそばかなにかで、軽くウォーミングアップして、いよいよリフレッシュした胃腸の調子を確認する段である。
というわけで、スッキリ辛いタイ料理を選択。
豚とナスのサラダは、ナスがほぼ生なのが意外だったけれど、カブに相通じる感じもあってなかなか良いね。
レモングラス、玉ねぎなどで歯ごたえも良い。
もちろん、これに、タイ料理には不可欠のクルワンポン(4種のスパイス)から、トウガラシとナンプラーを。
タイ料理は、ムーマナオとかヤムヌアなんかもそうだけど、肉のサラダが美味いね。
この後、辛いカレースープ(スープカレーなんかよりさらにスッキリで野菜たっぷり)とタイ米。

適度な刺激で、休んでいた胃腸が目覚めた感じだね。
前日は、タイ古式マッサージで、体中をこれでもかと伸ばされて、スジがスッキリしたところ。
もろもろ、タイには感謝であるな。 コップン・カー!

で、食いモンのほうは、調子が良ければ体内滞留時間が6-8時間程度なので、翌朝にスッキリとトウガラシを感じつつ、なのであるなww
例えば、真水を満たしたデカいタンクの注水口から食塩を入れて、排水口での電気伝導率の変化からタンク内の水の滞留時間を測る「トーレーサ応答」ってのがあるけれど、まさにそれw

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-29(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR