石狩鍋ってのは「仕方なく」って感じだったんだけどねw

石狩鍋チゲ出汁

子供の頃、ずいぶん食って、当時は「なんだまたかよ」なんて思ってたのが「石狩鍋」。
味噌味が基本とは思うけれど、塩味(三平汁などという)だったり、それに酒粕が入ったりで、これ、子供の頃はかなり苦手だったw
というわけで、居酒屋で一人鍋のときに、鶏鍋だのモツ鍋だのを差し置いて久しぶりに「石狩鍋」。
本来は、味噌味なんだけれど、このときはチゲ味にしたw

石狩鍋ってのは、メインの具材が鮭の鍋で、白菜、豆腐、ネギ、キノコなどが入る。
子供の頃に食ったのとは違って、鮭は頭とかがなくて身ばかりであったw
切り身についている皮のウロコもちゃんととってあって、ありがたい。
鍋物の魚で鱗が付いたまま、とか信じられないよね。
見ての通り、これでもか、と鮭が入っていた。
亀松ベイスターズ通り店には、いつも感謝であるw

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-27(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR