スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ラーメンは避けても、駅そば系が待ち構えているのであった、、、

しぶそばのピリ辛ネギそば

ラーメンよりはるかにライトとはいえ、炭水化物と塩気であることに変わりはないのが、そば。
漢字で蕎麦と書きたくなるようなそば屋には、あまり行かないので、ここはやはり、そばと表記する。
そば屋に行くと、「1日1食」とか、「そば好きに高血圧なし」などと、我田引水で過大な内容のポスターなどが貼られているが、1日1食は願望であり中華料理屋にも貼ってあるからまだしも、高血圧なしってのは、嘘だと断言しておこうw

というわけで、気を抜いていたら、朝と夕方に同じようなものを食ってしまった。
朝は、東急系「しぶそば」の「ピリ辛ネギそば」(写真上)。
他のメニューにはない、ラー油風味のそばであり、ネギの歯ごたえとともに、なかなか新鮮である。
これは、豚バラを5ミリ四方くらいに刻んだのものがネギに交じっているのだが、これが全部汁に沈んでしまい、肉の欠片をサルベージ完了するまで食い終わった気になれない(まったく貧乏くさいww)、という箸が下手糞な人にとっては罰ゲームのようなメニューである。
しぶそばの場合、汁の色が濃くないので、汁を飲み干さずとも肉の所在を確認できるのは、なんとなく武士の情けを感じさせる。

夕方は、ちょっと時間がなくて、朝に食ったものなどすっかり忘れて「おお、富士そばだ!Suicaが使える!ピリ辛鶏ネギそばが美味そうだな」などと、うっかりオーダーしてしまった(写真下)。
こちらは、裂いたささみなんで、苦も無くすべてをサルベージ。

それにしても、豚バラが鶏ささみ、ネギの切り方がちょっと違う、わかめの有無、などの差はあれど、ラー油味でネギと肉を和えたものをそばに乗せるという点では、全く相似な内容なのであった。
どっちが先だったんですかね?w
ま、かき揚げとか春菊天とか、定番系はパクったもクソもないけれど、「ピリ辛ネギ」ってのは、そばにラー油なんだから、ちょっとしたアイデアだよ。
値段は、440円と380円だったかな? 内容を勘案しても、富士そばに軍配。

富士そばのピリ辛鶏ネギそば

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-24(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。