こういう鯵の叩きは久しぶりだな

鯵の叩き

こういう盛り付けの鯵の叩きを久しぶりに食った。
ネギとショウガを薬味に燗酒で歯ごたえと味わいを楽しむ。

鯵に限らず「叩き」というのは、店によってずいぶん異なるレンジが広い一品だ。
ま、刺身というより叩きと言った方が、なんとなく期待感が高まる気がするという側面はあるな。
カツオの叩きにしても、下ろして藁焼きするとこまでは似たようなものでも、薬味やポン酢などにずいぶんと違いがある。
自由が丘の「The 居酒屋」とも言える金田には、「鯖の叩き」って定番メニューが刺身やシメ鯖とは別にある。
鯵でいえば、この写真のような単に細く切った刺身を「死骸の上に盛り付けた」ようなものから、新橋・均一軒のなめろうのように細かく叩いたものまでいろいろだ。
伊豆熱川の錦の「鯵叩き丼」なんかも、叩き単体で見てもかなりの完成度を感じる。

とはいえ、この死骸の上に盛り付けたってのは、タイやブリなんかの尾頭付きの姿盛りにも言えることなんだけど、あまり趣味が良いともいえないと思うんだよね。
刺身だけでたっぷりな方が良いしなw
タイやブリなんかのアタマでアラ煮にでもしてくれるならまだしも、変な店では使いまわしだ。
掌よりちょっと大きいくらいのカレイの姿盛りの刺身の後に、骨や縁側をそのまま全部唐揚げにしてもらう、ってのは悪くないかな。
昔は、生け簀からすくって捌いて、まだピクピクしているのを出してる店なんてのも多かったけれど、コスト削減のご時世のためか、そういうのはすっかり見なくなった(オレが行くような店では、だけどね)。
ま、生かされてる魚は痩せてしまうので、あまり有難くもない、ということもある。

一つ言えるのは、目玉とか腹の色なんかが分かるので、素材のごまかしが効かない、ってことかな?
さすがに、こうやって出てくるタイプの叩きで「この目玉の状態で刺身かよ」ってのにはお目にかかったことはない。

ま、なんか提案したり、資料出したりするときに、「これ、叩きです!」ということで、完成度が今一つなところ(たいてい時間がないところで作るのだが、時間がたっぷりあっても完成度が上がるわけではない)をごまかすわけですが、魚、酒肴においても「叩き」はなかなかに意味があるなww

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-04(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR