鍋1人前シリーズ「鶏鍋チゲスープ」

鶏鍋チゲ味

近所にあるカードが使える大衆居酒屋「亀松」の1人前オーダー可能な鍋。
まず、鶏鍋、石狩鍋、もつ鍋、闇鍋(内容不明w)から一つ選ぶ。
次に、出汁を醤油味、味噌味、豆乳塩、チゲから選ぶ。
結果、12種類の鍋から選択できることになるのだが、ま、明らかに選択対象、組み合わせ対象にならないものがあるので、実質的には数種類ってところか。
石狩鍋のチゲスープなんてのは、悪くない感じがするね。
で、前回は、鶏鍋の醤油というスタンダードなものを選んだので、今回は、鶏鍋のチゲスープ。
鶏つくねと鶏肉がたっぷり入っていて、白菜、ネギ、豆腐、水菜、えのき、マイタケ、サトイモなど。
土鍋に煮えたぎった状態で出てくる。
800円台ってのが、またありがたい。
チゲとはいえ、大して辛くないので、卓上の七味を投入し、さらに、手元に取った後に再度七味を振り掛ける。
他にも、コロッケとか注文を受けてから絹ごし豆腐を揚げる厚揚げとか、いろいろ食ったので、ご飯は省略したのだが、翌朝スッキリだったね。
ちょっと辛い物と繊維質なものを食って、炭水化物控え目ってのは、一番良いね。
ま、しかし、鍋ってのは、鶏鍋たと水炊きだとか、タラチリだとか、フグチリだとか、いろいろ本格なのがあるわけだけれど、こういうアリモノ(と言っては失礼だが、その時々で多少内容が変わるしねw)で、作ってしまえるのが良いところだね。
このお店は、鍋の種類を指定するけれど、ピザみたいな感じで鍋の素材をメニュー化して、客にオリジナルの鍋を作らせるってのはどうかね? 
素材の組み合わせのセンスが出ちまうのもさることながら、生まれ育ちや家庭環境まで分かっちまうのが鍋の怖いところなので、なかなか面白いかもしれないwww

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-03(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR