合わせ技は「ジャンク」の基本要素であって、実際それには弱いってのも事実だね

合わせ技の昼定食

チェーン展開している焼き鳥屋の昼飯。
見ての通り、豚の生姜焼きと鶏の唐揚げの合わせ技。
各々単品での定食もあるのだが、やはりこっちに行ってしまうw
合わせ技には弱いねw

「ジャンク」であることの要素の一つとして、主役たる者同士を強引に組み合わせる、ってのがある。
かつやの麻婆チキンカツとか、すき家の焼きそば牛丼とか、本来、別々に食うものの組み合わせだ。
他には、油や塩がキツい、味が濃い、量が多い、肉中心、揚げ物重視、結果、色が茶色い、などの条件がある。
この定食では、唐揚げの脇にちょっとあるマヨネーズがジャンク度合を増している。

それと、単一食材で押すってのもあるかな? 
写真の組み合わせは、単一ではないと言えばないが、生姜焼きか唐揚げのどっちかが、魚や野菜だったりすると、ジャンクから逸脱する。
唐揚げとナス味噌炒め、あたりだとかなりいいねw

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-11-28(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR