量が少なくてもタイ料理、やむを得ずヤムウンセン

ヤムウンセン

ヤムウンセンの春雨を食っている変にリアルな夢を見て、タイ料理屋へ。
いま、体が必要としているものが夢に出てくる、ってのは悪くないねww
あまりに飢餓状態だと寿司(先頭はマグロだ)なんだけど、さすがにそんな飢餓状態は最近はない。

というわけで、ヤムウンセン。
春雨とエビとイカ、それに鶏のひき肉、玉ねぎとパクチー、セロリ、ニンジンなどが入ったスパイシーな温サラダ。
このスパイシーな温サラダ、ってのがタイ料理の良いところ。
豚肉とレモンの「ムーマナオ」なんてのもホントに美味いね。
とりあえずけっこう辛いんだけど、トウガラシとナンプラーなどのスパイスセット(クルワンポン)を出してもらって、さらに辛くする。
相当辛くなるが、この程度では狂わんもん、だなw
ま、でも、客観的にみると、これじゃ食えん、って人多数だろうねww
こういうところが、一人飯の良いところだな。
この後、鶏とインゲンのドライカレーに、タイスープ(薄味にナンプラー風味で美味い)。
カレーも、トウガラシで辛さ強化。
首から上だけ汗だくでスッキリ、ってのがインド料理と相通じるね。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-11-20(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR