砂肝のカレーは、砂肝のふっくら感が意外だった

砂肝のカレー

インド人シェフから「砂肝のカレー、食べに来ない?」との連絡があり、クルマを飛ばして港北ニュータウンまで。
これ、砂肝のふっくらした感じが素晴らしいね。
砂肝って、焼き鳥にしても、唐揚げにしても、炒め物にしても、火を通すと固くなりがちなんだけど、まったくそんなことがない。
臭みもまったくなくて、マイルドなスパイスの組み合わせとの相性が良く、とてもバランスのとれたカレーだったね。
シェフに聞いたところ、スパイスを使ってちょっと下茹でして、臭みを抜いてからカレーにするんだそうだ。
カレーに仕上げるときに、砂肝に火を入れすぎない、ってことなんだろうね。
これ、ドライカレーもイケるのではないか、と思ったよ。
そういや、自分で砂肝の唐揚げを作るときに、衣の粉にちょっとカレー粉を混ぜたりしたなw

インド家庭料理のラニ。
シェフのハリオムさんが、メニューにあるカレーだけでなく、今日はこういうカレーがあるから食べてみない? と言ってくれるのが嬉しいね。
普通より濃厚な豆のカレー、ヨーグルトの野菜カレー、チキンの首肉のカレー、などインド料理の奥深さを実感させられる。
8月のインド料理教室で習ったナブラタン(ヨーグルトとカシューナッツの白いカレー)も美味かったな。
地下鉄グリーンラインの北山田と東山田の間くらいなんで電車でも行けるし(日吉までは定期券もある)、そうするとビールが飲めるんだけど、第三京浜の都筑インターに近いんで、ついクルマで行ってしまうのだな。
次回は、電車で行こうw

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-11-10(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR