ま、いろいろ呼び方はあれど「タイ風親子丼」だなw

タイ風親子丼

「鶏とふわふわ玉子のカレー風味炒めライス」(鶏は、エビ、カニ、シーフード、豚、牛などから選んだ結果なんだが)とか、「ガイ パッポンカリー ラーカオ」(ガイが鶏で、カオがご飯)とか、いろいろメニューには工夫したり、タイ語で書いたりしているけど、鶏を選んだ時点で、「タイ風親子丼」と呼びたくなるのであった。
豚肉を選んだら、タイ風開化丼と思うかどうかは微妙だけどねw

卵とじ系の丼物は、普段は滅多に食わないんだけれど、タイ料理のこれは、生煮えの卵がベロベロしているようなこともなく、好ましい。
ココナツと卵の辛くないカレーなので、赤唐辛子とナンプラーで辛くする。
それこそ、ふわっとした味なので、少しピリッとした方が美味い。
パクチーを追加しても良いね。
はじめに辛いエビのサラダ(プラー・クン)でビールを2本くらい飲んで、このカレーと薄味のタイスープで、なかなか満足な晩飯。
タイ料理は油がキツくないし、適度な辛さで胃がスッキリするね。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-10-18(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR