パク森カレーの「いかとま」トッピング

パク森いかとま

パク森カレーのネーミングセンスは不思議なへたれ感があって良いw
「ぽてそー」はフライドポテトとソーセージ、「大吉」は大根と鳥のから揚げ。
「いかとま」は、ヤリイカの輪切りのトマト煮だ。
そもそも、パク森、ってのがへたれた感じだ。

2種類のカレーが乗った「パク森カレー」に「いかとま」をトッピング。
ベーシックなパク森カレーは、存在感のある具がないので、トマトの酸味とイカの食感がアクセントになる。
揚げ物系より良いかもしれない。ま、揚げ物は腹は膨れるけどね。
「倍辛」にしたけれど、卓上の激辛ペーストはやはり不可欠だなw

カレーに福神漬けってのはなくても良い(問答無用で乗っけて出してくるのはやめて欲しいものだ。飯が福神漬けの汁で真っ赤で水っぽくなっちまう。たまに雑巾臭かったりするし)んだけれど、ここのデカいトウガラシが入ったキュウリのピクルスはさっぱりしていて良いね。

ラーメンに顕著なんだけれど、インパクトを狙いすぎ、というか、過剰感の演出に注力したのが最近は多くて、けっこう辟易する。
あるところは過剰でも、全体に足りてない、でも、突出したところで驚かせて全体の不足を誤魔化す、という感じだね。
パク森カレーは、十分に個性的だと思うけれど、過剰感がなくてバランスが良い感じがするね。
20年前に始めた当初はかなりの個性だったんだろうけれど、、、(ま、ムルギーなんてのも飯の盛り付け方の過剰感は相当なもんだけどねw)。
まったく、カレーライスってのは、インドカレーとは別ジャンルの日本独特な食いモンだね。
ロンドンに行ったとき、地下鉄の駅の周辺には、インド料理、中華料理、ケバブスタンドがある、と知ったんだけれど、カツカレーとかでなんとかなりませんかねww

というわけで、カレー4連発でした。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-09-22(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR