相鉄文化圏に入ったことを感じさせる相州そばの「青ネギそば」

相州そばの青ネギそば

近所に立ち食いそばの「相州そば」ってのがある。
調べてみると、瀬谷区三ツ境にある「なかや商事」という会社がやっている相鉄沿線を中心に展開しているそば屋なのであった。
言われてみれば、なんとなく記憶にはあれど、東京方面にはないよね。
勝烈庵でも感じたけれど、横浜文化圏なのだな。
港北区に住んでいたときは、川崎寄りの端ってこともあってか、あまり横浜に固有のチェーン店や横浜の西側を感じさせる店はなかった気がする。
ニュータンタンメンは川崎中心だし、立ち食いそばは、「かしわや」(最近、かなり良くなった)だった。
特に相鉄方面は、免許の書き換えで二俣川に行くくらいだったね。

で、相州そば。
かき揚げはもちろん、ごぼう天とか紅ショウガ天とか、立ち食いそばの定番が並ぶ中、目を引いたのが「青ネギそば」。
キツネとタヌキ(天かすと揚げ)が、わかめとたっぷりの青ネギとともに乗っている。
例によって、七味を大量にかけて食うのだが、さっぱりしていてなかなか美味い。
出汁もしっかりしている割に塩気があまりキツくない。
これは、朝飯の選択肢(朝飯が食えるところは意外に少ない)として好適だね。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-09-15(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR