いまさらですが、マグロ納豆に激しく異議を唱えるものでありますw

刺身定食、納豆追加

いつもマグロが素晴らしい東急東横線・綱島駅前の定食「乃んき」。
この日は昼のサービス定食(600円)が刺身定食だった。
で、ちょっと飯が余るかな、と思って納豆(100円)を追加注文。

刺身6切れでご飯を食べて、ちょっと残ったご飯を納豆で食べ、最後に1切れ残した中トロを口に入れて愕然とした。
納豆の旨み成分で舌全体が支配されてしまって、マグロの味が全然しない。
冷たいお茶だの味噌汁だので流してみても、効かない。
しまった、先にマグロを食っておくべきだった。
しかも、最後に楽しみに残しておいたのは中トロのほうだよw

恐るべし、納豆の旨み。これは、いい年をしてアレですが、いまさらながらの発見だった。
世の中、イカ納豆だの、アジ納豆だの、マグロ納豆だの、刺身と納豆を和えた料理はいろいろあるけれど、実は、イカくらいしか納豆と合わせることによって料理として別の段階に到達するものはない、ということか。
もう刺身単体ではちょっと出せないな、ってのをどうするか考えた結果かもしれないw
特にマグロは、完全に舌が納豆に上書きされてしまって、ほのかな血の味も、脂の旨みも全く感じられなくなってしまうわけで、マグロ納豆なんてのは、納豆だけを食っているのと大して変わらないのであるな。

ま、やっぱり納豆は、それもご飯に乗せて食う時は、ネギと芥子だよねww
子供のころは、ネギともみ海苔、さらにタンパク質が足りない(ゆるくなっちゃうので卵は入れないからね)とか言って、プロセスチーズをサイコロに切ったものを混ぜ込んだりされたモンだけど、これは子供心にもあまり美味いとは思えなかったな。
でも、チーズの味は納豆に負けてなかったね。
イカもそうだけど、食感で負けない、ってのも大事なことなんだろうね。

乃んきは、途中下車可能な定期券もあるのだが、引っ越してからはさすがにあまり行かなくなった。
こことニュータンタンメンは、たまに寄りたいお店なんだけどね。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-09-14(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR