シンコの酢の物

シンコの酢の物

シンコってのはコハダ(さらに成長してコノシロとなる)の若魚。
典型的な江戸前寿司の夏のネタだよね。
コハダは、寿司1貫に一切れで握るけど、シンコはこんな大きさなので3切れから5切れくらいで1貫を握る。
ま、でも、このサイズの魚を捌いて、塩で締めて、酢をして、って仕事には頭が下がるよね。
小さい青物だからかなり足が早い(傷みやすい)だろうし。

とはいうものの、美味いシンコを出してくれるような寿司屋には滅多に行かない(なんか腹が一杯にならないんだよね:笑)わけで、写真は居酒屋で食ったシンコの酢の物(自由が丘の金田)。
さすがに8月も下旬なので、小振りのコハダって風情だな。走りのころはもっと色が淡いんだよね。

コハダやシンコは、塩と酢で締めて食うところに寿司屋の執念みたいなものを感じるけれど、同じく足が早いシロギスなんかに対してはそこまでのやる気は感じられないモンだよね。
シロギスも、刺身はもちろん、昆布締めなんかでも美味いと思うけど、コハダなら年中、夏ならシンコというような必須ネタって感じはない。
東京湾には、絶滅しちゃったけど「青ギス」なんてのもいて、遠浅の砂浜の沖に立てた脚立の上で釣るなんてのがスタイルだったらしいし、シロギスはいまでも釣れるけれど、江戸前の寿司ネタとしてはシロギスはほとんど無視されているよね。
これは、なんでなんだろうね?
釣りをする立場から考えると、中層/表層を泳いでいるコハダ、シンコは網で獲るけど、シロギスは砂地の底にいるので獲るのが簡単ではない、いちいち釣ってられないってこともあるかな?
あ、でも、江戸前の天ぷらはキスは必須だな。逆にコハダやコノシロの天ぷらってのは、聞かない。
こりゃ、なかなか深いねw

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-08-29(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR