名前がいまひとつなんだけど美味い「よだれ鶏」

よだれ鶏

蒸し鶏/茹で鶏をどう食うかはいろいろあるけれど、この「よだれ鶏」もそのひとつ。
ゴマとラー油、山椒などの四川系/坦々系のタレでちょっと辛い味付け。
辛いだけではなくて、ゴマのまろやかさもあって悪くない。
バンバンジーより好きかな?
もっとビリビリと辛くても良いけどね。
ま、でも、このタレを全部食ってしまったらイカンな、とは思うけどね。
常温または温めた紹興酒との相性が良い。
中国語では、口水鶏で口水ってのがよだれなのだそうだ。
とはいえ、なんとなく料理の名前としては、いまひとつに思えるな。
よだれを垂らしているのが、食ってるオレなのか、鶏なのか、などと余計なことを考えてしまう。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-08-18(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR