スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ベルギービールには「リエージュサラダ」

リエージュサラダ

リエージュサラダってのは、ジャガイモとベーコンが中心の温サラダで、ベルギーのリエージュ地方の家庭の味だそうだ。
味付けは、塩コショウと白ワインヴィネガー。ヴィネガーの酸味がふわっと香るのがポイント。
サラダというよりは「日本でいうところのジャーマンポテトの酸っぱいやつ」という趣であるな。
味がしっかりしたベルギービールと合わせると、なかなか美味い。

最近は、ベルギービールが飲めるお店が増えてきているので、とてもありがたいよね。
渋谷の事務所の近くにもあるし、クライアントの近くにもあるので、仕事の後に軽く2杯くらい、ってことが多い。
330mlの瓶1本で1000円前後、いわゆる「生ビール」(相変わらず、Googleで生ビールを検索すると、オレのブログが1ページ目に出てきて笑える。世の中、困ったもんだ)2杯分くらいするわけで、安くはないのだけれど、苦味や酸味の独特の味わいと銘柄による個性の多様さは、国産大手のビールには望めない領域だね。
若い頃みたいにたくさん飲まないから多少高くても、ってのもあるけどね。

ベルギービールの店は、どうしてもビール中心になってしまうね。
ワインもあるし食事メニューもそれなりに揃っているのだけれど、なんとなく腰を据えて飯を食う感じではないんだよね。
リエージュサラダも、そんなベルギービールのお店のメニューの一つ。
軽すぎず重すぎずだし、家庭の味だけあって「たかがイモのサラダだろ?」という凝り過ぎてない感じなのが好ましいね。
で、サクッと切り上げて、四川とか台湾とかタイとかインドとか、なんとなくアジア方面の飯を食いに行く。
長粒米でもバスマティライスでも良いんだけれど、小麦ではなくて米を食ってこそ晩飯、という感覚が歳をとるほどに濃厚になってきたな。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-08-11(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。