スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

安いカニ「栗ガニ」だが、悪くなかった

栗ガニ

目当ての店が満席で、その近くをぶらぶらして、ま、良さそうだなという店にふらっと入る。
たいてい一人だし、その日に食いたいものに合わせて店を決めるので、こういうことはたまにある。
鰻とかだと、すっかりそのモードになっていて、満席や閉店だったりだとけっこうダメージがあるけど、メニューの幅が広い店の場合は、待ったりせずに次を探す(待ってるとか理解できんし、込んでいることに変わりはない)。
ま、いつ行っても入れないような店は「存在しないに等しい」と考えているし(だから予約が取れないなんて店には行く気にならん)、基本的に込んでいてわさわさしているのは快適ではないから、人気店はあまり行かない。
ふらっと行って、入れて、そこそこ美味い、ってのが最高だね(勝手な話だw)。
込んでいても落ち着く店、ってのも中にはあるんだけれどね。

今回は、魚が中心のはじめての店に入ってみた。メニューで目についたのがこれ「栗ガニ」。
栗ガニは、毛ガニの仲間で毛ガニより小ぶりだし、味も淡泊だ。で、とても安い(これ600円だったかな?)。
丁寧に身をほじくり出して、小皿に貯めて、醤油ちょっととレモンを絞って食べる。
久しぶりにカニを食ったよ。ま、一人なので毛ガニ1杯は多すぎるし、適当なところだ。
このサイズだと、本当は小鍋仕立てとかにして豆腐やネギとともに出汁の味わいを楽しむほうが、面倒がなくてよいかもしれないけれどね(出す方は面倒だねw)。
地酒も良いところをそろえていたし、焼き魚、刺身はじめとした酒肴もなかなかC/Pの高いお店であった。
食べているうちに込んできたので、丁度良い感じでお勘定w

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-07-23(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。