スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

目黒でラーメンといえば、どうしてもここになってしまう「田丸」

田丸のラーメン

目黒駅から山手通りに向って下って行く権之助坂、ここにはラーメン屋がたくさんある。
かつて、恵比寿の事務所に行くのに良く自転車で登ったものだが(どっかで山越えしなきゃならんのだけれど、キツいけどここが最短距離だった)、特にこの一方通行の上り方向はラーメン屋だらけで、上りながら左手にずらっと並ぶラーメン屋の様子をチェックしていたw
とはいえ、ラーメン屋の新規開拓をもう止めてしまった身としては、ことさらにそそられる店があるわけでもないこともあって、30年くらい前に東京に来て「とんきで晩飯を食う前の昼飯」に食って以来、たまに食っている「田丸」にしか行かないのである。
ま、どうでも良い話だが、タイ料理の平打ち麺の焼きそば(パッキーマオ)でスケート選手を思い出すのと同様に、女優の田丸麻紀さんを見るとラーメン田丸を、田丸の前を通ったり食ったり思い出したりすると田丸麻紀を思い出すのだなw 

で、田丸のラーメンである。
ここのラーメン(600円)はあっさり醤油味の中太麺。
脂ギトギト系とはまったく異なる、とても基本な感じのラーメンなのだが、上に乗っかってる具に最大の特徴がある。
チャーシューの下には、茹でキャベツがけっこうたくさん乗っているのだね。
蒙古タンメンの中本とか二郎系とかも、キャベツは使っているけれど、田丸の場合は、単に茹でた、それもけっこうクタクタに茹でた味の付いてないキャベツ。麺の茹で汁の中に常にキャベツが泳いでいるらしく、茹るがまま、って感じなんだなw
見てくれはこんもりして似ているが、まったく「がっつり系」ではない。
これは、素朴というか痛恨というかなんというか、なんとも味わい深いラーメンの構成だ。
茹でキャベツの山に立てかけられたチャーシューがまた良い。
トロトロに煮込みすぎだったり、炙って焦げ臭かったり、などという余計な仕事がないのが良い。
脂身が少なく、しっかり歯ごたえがあって、噛むと肉の味がじわっと感じられる。
しかも、この写真の量で、600円の普通のラーメンなのだからありがたい。
チャーシュー麺ってのは、かえって肉っけが過剰になっちまって、若干の貧乏臭さを伴うのが常だけれど、普通のラーメンだとあまりにチャーシューが少ない、という場合も多いものだ。
田丸はこの点でも素晴らしいと思う。

派手な主張も、ジャンクな演出もない、なんてことのないラーメンだが、これは、「自宅で最大限にいろいろ配慮して作るラーメン」にとても近いものがある。それがいつでも600円、数分待つだけで食べられる幸せ、なのであるな。

それにしてもカウンターだけのこのお店、オレが知っているだけでも30年、たまにしか行かないけれど本当にありがたいね。
10年くらい前から、店の調理スタッフがアジア系の女性になったけれど、特に味が変わったというようなことはないと思う。
坦々麺は、最近のメニューかな?
ま、久しぶりに昔から行っている店に行くと、健在だったり、更地になってたり、まったく変わっていたり、いろいろでしみじみするけれど、田丸みたいに変わらずやっていると嬉しいものだ。
大盛りを頼むとグラタン皿みたいな楕円の容器だったのが懐かしいけれど、今もそうなのだろうか?
ラーメンの大盛りなんて、もう食わなくなってしまったから、確かめようもないなw

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-07-20(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。