スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

冷やし中華の季節である。これは蒸し鶏を乗せたもの

蒸し鶏のせ冷やし中華

冷やし中華ってのも、暑くなると猛然と食いたくなるものの一つだね。
ま、鰻と違ってキレてくる感じは強くはなくて、2、3回食えば、その年の衝動は収まるんだけどw
キュウリだの錦糸卵だのハムだの、ってのも良いのだけれど、この蒸し鶏を乗せたのが好きだね。
冷やし中華は、酸味のある醤油系のタレが普通だけれど、蒸し鶏に限っては塩味のネギソースなんかも良い。

冷やし中華は、麺がキリリと冷えていなくてはいけない。
中途半端に水道の温度くらいなのはいまひとつだ。
あと、1200円とかするのはダメだね(写真は750円)。
それほどのモンじゃない、ってのが冷やし中華w
ま、でも、550円とかで安いな、と思ったら、角ハム(いまどきあるんだ)、出来合いの乾燥錦糸卵、きゅうりに、なんと「のりたま」ってのがあって仰け反ったことがあるので、何事も適当なところでバランスさせることが大事だ。
その点、蒸し鶏のせ冷やし中華は、主役がはっきりしていて、余計なことを考えなくて済むのが良いところではないかと思う。
 
冷やし中華ってのは、冷やし中華麺の麺が省略されているよな、冷やし八宝菜みたいに中華全般を冷やすわけではないよな、などと揚げ足とり的なことを考えていたら、最近は「冷やしラーメン」なるものがあるらしい。
スープも麺も冷たいラーメンなんだね。
脂がキツいラーメンには向いてないと思うし、なんか盛岡冷麺っぽい感じもするけど。
ま、そのうち、食ってみるか、、、。定食にハーフサイズなんてのが付いてくるとありがたいところだな。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-07-20(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。