スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

もうこうなったら、ニュータンタンメンのメチャ辛ニラトッピングだよw

ニュータンタンメン・メチャ辛・ニラトッピング(NTTM-MK/NT)

ま、この店ではどうなろうといつもこれなんだが、元祖ニュータンタンメン本舗の「メチャ辛・ニラトッピング」。
「NTTM-MK/NT」と略すのが本格であり、ニュータンタンメンは、これに止めを刺す。
辛さは、だんだんエスカレートしてメニュー上はMAXのメチャ辛になってしまったが、基本、辛いので有名な某ラーメン店のようにヒリヒリして食べるのが大変なんてことはなくて、ひき肉の味わいも相まって甘みさえも感じさせる上品な辛さであるな。
単体で700円、ニラは100円、と素晴らしいC/Pであり、かつ、見た目とは裏腹にあっさり軽いラーメンだ。
ま、あと、蒲田から西、川崎、横浜にかけてのローカルな味であることも間違いない。
自由が丘では食えないし、横浜も西の方に行くともう食えない。

最寄のお店は、営業時間が平日の夕方から深夜、土曜休日の昼から夜、ってことで(なんとなくだけれど、スタッフ全員が別の仕事を持っているのではないかと推察。この手の勤務時間だと役所が浮かぶが、、、)、暗くなったらラーメンを食わないことにしているだけに、なかなかタイミングが合わない。
というわけで、これを食うのは休みの昼飯がメインではあれど、たまに禁を破ってしまう。
禁を破るときは、主にいわゆる「飲み会」の帰りである。
皆さん満足して帰ったけどオレは明らかに食い足りない、ってときが多いわけだね(笑)。
ま、飲み会なんてのは(たまにしかないけど)たいていそうだ。

で、NTTM-MK/NTである。
これ、ニラの緑が全体をキリリと引き締めていると思わないかい?
ニラが入らないと、あるいはザーサイなんかのトッピングだと、なんとなくメリハリがなくて見た感じ、ここまで美味そうじゃないんだよね。
あと、このラーメンには、チャーシューは合わないのだな。
そもそも、チャーシュー麺というのが、チャーシュー過剰で肉といえば御馳走に感じる貧乏臭いマインドに訴えたメニューなんだが、ひき肉の存在がはじめからチャーシューの存在を不要としているのが、ニュータンタンメンだ。
チャーシュートッピングもあるけれど、最も必要性を感じないトッピングだな。

ラーメンの新規開拓はとうの昔にやめた身ではあれど、依然として付き合いの続いている数少ないラーメンの一つだ。
人生、卵はなくても良いくらいなのだが、これだけは例外、といえる。
ま、卵を入れなくても、名古屋名物の「台湾ラーメン」みたいでけっこう美味そうな感じだけどね(笑)。

実は、なかなか切り出せないんだけれど「おつまみチャーシューにメチャ辛・ニラのヌキでご飯大盛り!」というのをぜひ一度やってみたい。
「ヌキ」というのは、蕎麦屋の裏技(ま、酒飲みの裏技の域を出ないとは思うがw)で、天ぷら蕎麦や鴨南蛮などの蕎麦を抜いたもの、つまり種モノの汁と具だけを酒の肴にすることだ。
確かにヌキで酒飲んで、キリリと冷たいせいろで締める、ってのは、悪くないんだが、、、。
種モノの蕎麦をズルズルと食うのも美味いんだけれど、酒を飲んでいるとペースが遅くなって蕎麦が伸びちまうよねw
チャーシューは合わないニュータンタンメンのヌキに、おつまみチャーシュー(ここのは大変に良心的で美味い)をメインのおかずにして、飯を五郎さんのようにばくばくと食う、ってのは、まったく「夢」と言っても過言ではないな(矮小な夢と言わないで:苦笑)。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-07-18(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。