絶滅の危機にあるが「あるふぁ丼」と命名した(笑)

うな丼、からくり追加

暑いし、深夜に久しぶりに再開した「五郎さん」の残像はあるわで、堪らず東横線急行電車を自由が丘で途中下車。
改札出た瞬間、鰻の香りが漂っているとは、なかなか侮れない街だ。
「ほさかや」に直行で「うな丼特急胃袋行き」(笑)。
東横線は、副都心線直通になって池袋行きが来るけど、池袋じゃなくて胃袋。
蒲焼二枚乗せの重もあるけど、重じゃなくて丼、飯大盛、からくり焼き1本追加。
このからくり焼(店によってはくりからとも呼ぶ)1本追加がポイント。
飯の余白を上手い具合に埋めてくれるんだけど、これがまるでアルファロメオのエンブレムだ(写真下)。
というわけで、うな丼にからくり焼を追加したものを「あるふぁ丼」と命名した(笑)。
ま、アルファロメオのFR(フロントエンジン・リヤドライブ)は絶滅してしまったけれど(2015年にマツダと共同開発のオープンカーで復活のはず)、鰻も大変に危機的状況にあるわけで、美味い美味いと食っているだけで良いのか、とは思うけどね。

山椒をたっぷりかけて、まさに飯を「かっ込む」。ろくに噛まずに飯粒がノドを通過する食感を楽しむ。
蒲焼は夜よりふわっとしてて美味いね。夜は、飲むとこなので、丼も重もない。
大変失礼な比較になるけれど、吉野屋で680円、すき家で780円出すくらいなら、ほさかやの丼1200円(大盛りは100円増)を選ぶ。
あとね、うなぎ丼って言うのは、語感が美味しくなさそうだからやめてもらいたい。
さすがにほさかやは、うな丼と呼んでいるけどね。

アルファロメオ

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-07-12(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR