羊肉入りのキーマカレー、ネパール料理も羊の食い方がいろいろだ

マトンララーとマサラパパド

近所のネパール料理屋には、羊のメニューがいろいろあってありがたい。
マトンカレー、サグマトン(ホウレンソウと羊)、マトンドピアザ(タマネギと羊)など、インド料理屋と共通のラインナップはもとより、キーマカレーが羊のひき肉だったり、写真のカレーのように羊のキーマカレーにさらに羊肉が入っているマトンララーというカレーもある。
あとは、干した羊肉とタマネギやピーマンなどをスパイシーに炒めた「スクティ」とか、ナンの生地に羊のひき肉を挟んで焼いた「キーマナン」なんてのもある。

夜も遅いとナンやライスではなくて、写真右の「マサラパパド」でカレーを食べる。
インド料理屋でもよくある煎餅のパパドに、ジャガイモとタマネギなどをスパイシーなドレッシングで和えたものが乗っている。
ネパールではどうやって食うのか良く分からないけれど、2枚が無造作に重なって(皿の上にパパド、イモ、パパド、イモの4層)出てくるし、パパドも不規則に割れるので、フォークでバリバリとパパドを割って、適当に一口ずつ食っている。
ライスもキーマナンも美味いんだけれど、量がすごい。
クミンシードと炒めた「ジラライス」ってのが、一番カレー合うのだが、半分の設定がないw
残した半分は包んでもらう、って手があるか? 翌朝、レトルトカレーで食えば良いな。
東横線・日吉の「クークリ」。

※デジカメの写真を見ていて後で気付いた「1日2カレー」の夜がこれ。ま、昼のパク森とはかなり違うw

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-07-08(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR