牛丼屋の鰻はボジョレヌーヴォーみたいなもんだwww

すき家のうな丼

吉野家に続いて「参考までに」すき家でうな丼を食ってみた。
あくまで参考まで、なのであって、すき家は普段はまず入らないので、その辺、誤解なきようw
「牛丼は吉野家以外はダメ、吉野家は牛丼以外はダメ」というのが、牛丼界なのであるなwww
ではあれど、ま、うな丼については、1回は食ってみるか、ということになる。
すき家のうな丼は780円。吉野家より100円高い。
ま、それもあってか、ちょっと大きいし、鰻の味わいはすき家のほうが鰻らしい。
ただ、タレに関しては、甘さ濃厚で牛丼に相通じる味だと感じる。
「うな牛」なんてのもあるし、良くも悪くもすき家、隠しきれないものがある、ってことだな。
タレに関しては、今年の吉野家は去年よりも改善したと思うし、すき家よりサラッとしていて悪くない。

というような話を友人としていたら、「ボジョレヌーヴォーみたいなもんだな」という結論になった。
・毎年の季節もの
・毎年飲んで(食って)、去年との差分をチェック
・毎年、2、3銘柄をチェック
・ま、1銘柄、1本で十分、うな丼はそれぞれ1回食えば十分
というようなことなのであるな。

というわけで、すき家と吉野家を1回ずつ食ったので、あとはまともな鰻を食うぞ、と。
こんな状況ではあるので、もう、失われてしまったのだけれどね。
 ↓
ニホンウナギがどれくらい終わっているか
http://muchonov.hatenablog.com/entry/2013/07/03/210532

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-07-05(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR