「はしご」のだんだん麺を見ていたらさんほん麺が食いたくなったという食が食を呼ぶ状態

さんほん麺

「はしご」の「さんほん麺」。酸と辛でさんほんかな?
だんだん麺と並ぶはしごの看板メニュー。
どっちも個性がはっきりしていて美味いし、何と言っても、麺とスープの量のバランスが良いと思う。
トッピングなしのベーシックなバージョン。
酸味と辛味の透明なスープに、独特の山椒や八角系の香りでスッキリする。
中華料理屋の「酸辣麺」とは違って、とろみやとき卵とは無縁。
細麺ストレートの麺は、だんだん麺と共通。
だんだん麺かさんほん麺かいつも悩むんだけど、このときは二つ前のエントリのだんだん麺を見ていたら、無性にさんほん麺が食いたくなり、さんほん麺を目指して行った。
食が食を呼んでいるな、、、w
オーダーを見ていると8:2でだんだん麺のほうが多いって感じだけど、中毒性という意味ではさんほん麺に軍配ではなかろうか?
だんだん麺は、ま、言ってしまえば坦々麺なので、同様のものがほかでも食えるけど、さんほん麺はかなり独特ってのもあるね。
ラーメン屋は、もう新規開拓しないんだけど、はしごは持ち駒のひとつ。
まだ、IPATがないころ、馬券を買いに新橋の場外馬券売り場に良く行ったのだが、その向かい、まだ立て直す前の飯野ビルの1階にあった「よかろう」(姉妹店)で覚えた味だな。
それになりに忙しいつもりだったけど、休みの午後を新橋でラーメン食ったり馬券買ったりしてたんだから、今から考えるとヒマ人だよねw



関連記事
スポンサーサイト
2013-07-03(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR