スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

食いモンでも店でもない、オレがジャンクなのだ、という好例「フライ・しょうが焼定食」

フライ・しょうが焼き定食

駅前の定食「乃んき」の「フライ・しょうが焼き定食」。
フライ盛り合わせ定食のフライと、しょうが焼き定食のしょうが焼きが、ボリューム少なめで組み合わされるのかと思いきや、フルポーションで並んでいた。
これは食い応えがあって大変にありがたい。
フライは、コロッケ、エビ、イカ、ホタテ。
朝飯抜きで14時近かったので、かなりの空腹。丁度よかった。

さて、6月も最終日なので、月間最ジャンク賞を決めないといけないw
漠然と選んでいるわけでもないのだが、やはりベンチマークがないと「論理的」に一つに絞りきれないなどということになる。
なので、ここでジャンクというものを今一度考えておこう。

1)そもそもジャンクである(ブデチゲが好例)
2)主に肉に衣をつけて油で揚げてある
3)通常は別々に食う若干のジャンクさを備えたものを合わせてある(焼きそば牛丼とか)
4)不必要なほどに量が多い
5)味が濃い
6)炭水化物や脂に事欠かない

ま、こんなところか。
このエントリの定食も、「組み合わせ」あたりではかなり要件は満たしているけれど、個々の構成要素は大変にまっとうなので、ジャンクというのとはちょっと違う。
単に注文したオレが腹が空いていただけだ。食いモンでも店でもなく、オレが精神的にジャンクなだけ。

ということで、6月はあまりジャンクなものは食わなかったのだけれど、きっぱりと別れを告げた「あんかけ焼きそば」にしておこう。
あんかけ焼きそばってのは、実はかなりジャンクな食いモンである、ということに気付いていない人は多い。
麺を油で焼くというか半揚げにしてパリッとさせるけれど、この段階でわざわざかなりの油を含ませる。
あんかけだから、ラーメンのスープのように丼に残ることもなく、塩気も炒め油もなにもかも全部摂取する。
結果、1200kcalくらいはゆうにある(牛丼並なら2杯食える)、という代物なんだよねw
要するに、晩飯をこれだけで済ませることになんら疑問を感じないような人でないならば食うべきではない、ってのがあんかけ焼きそばなのだな。

あー、それにしても今年も、上半期終了ではないか!?
夏なんてすぐに終わってしまうから、年末までもうあっという間だよ。
ジジイは気が早いにしても、、、www

■月間最ジャンク賞
2013年1月 第三京浜都筑亭のカツカレー
2013年2月 スーパーの売れ残り半額カツ丼
2013年3月 ブデチゲ
2013年4月 鳥の竜田揚げと豚しょうが焼き、ナポリタンの盛り合わせランチ
2013年5月 すき家の焼きそば牛丼
2013年6月 あんかけ焼きそば

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-06-30(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。