ようやくタイ料理。ひき肉団子が入ったあっさりスープが美味いね

タイの蒸し鶏とスープ

近所のタイ料理屋が「しばらくの間、休業します」(タイ人シェフがなんらかの事情で帰国でもしたのだろうか?)だったので、アタマも胃もすっかりタイモードに入っていたのに食えない、という状態(インド料理を食ったがw)のまま翌日を迎え、渋谷のタイ料理屋でようやく一息。

まずは、チャンビールとタイ風の蒸し鶏。それに塩味のスープ。
当然、ナンプラー、唐辛子、唐辛子酢が乗ったスパイスのセット(クルワンポンっていうのか?)を出してもらう。
中華でいえば、醤油、酢、ラー油みたいなものだね。
中でもナンプラーは、タレに入れたり、炒めモノにちょっとかけたり、スープにちょっと垂らしたりなど、タイ料理をタイ料理たらしめるためにはなくてはならないね。

塩味のスープは、大根や白菜などの野菜にひき肉団子が入っていて、さらにパクチーが乗っている。
タイ料理でスープといえば「トムヤムクン」ではあれど、トムヤムクンはメインディッシュに近いというかなんというか、美味いんだけれど量も多いし大げさである。
このご飯モノなんかの脇に、日本でいえば味噌汁的な感じで組み合わせるこのスープ、あっさりしていて野菜と肉の味がじわっとしていて大変に美味い。ナンプラーをちょっと垂らしてさらにコクが出る。

それにしても、タイ料理は飾り包丁が楽しい。一番手間がかかっているのではないか?
何か、道具があるのだろうか?w
このあと「カオパットトムヤム」(トムヤムスープ味の炒飯。カオは米、パットは炒めだったかな)を食って、ようやくタイモードは終結した。

 
関連記事
スポンサーサイト
2013-06-29(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR