名言「デブはサラダを注文する」を地で行ってしまった夜

ライジングサンとホウレンソウのサラダ

食に関する名言・至言は多々あれど、これはかなりのハイレベルに位置すると思う。

「デブはサラダを注文する」

本当は肉や魚をもう一品食いたいのだが、客観的に見ると既に十分食っている状況で、若干の後ろめたさと共に、サラダならまだマシだろうと大して食いたくもないのにサラダを注文してしまう。
こういったデブの典型的な精神構造を見事に表現していると思うのだな(笑)。
ま、これは食やサラダが大変に分かりやすいというだけで、肉体的には痩せていようとも、精神的なデブであればあらゆる局面で陥りやすいことなのである。

ま、そういうわけで、中目黒タップルームでベアードビールの「ライジングサン・ペールエール」とホウレンソウのサラダ。
松の実と細かく刻んだベーコンにブルーチーズ、これらと生のホウレンソウが、なかなかのバランスだ。
ま、このときは、デブはサラダを注文していはいるが、なんとサラダだけ、ではあったのだが、、、。
この後、もう1杯「駿河ベイ・インペリアル」。
ベアードビールはホントに美味いね。夏なので、ビールの温度をちょっと下げたようだ。


関連記事
スポンサーサイト
2013-06-28(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR