スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

辛いものを自在に選べるのが都会の良いところだな(笑)

本格四川麻婆豆腐

無性に辛いものが食いたくなるときがあるよね。
で、そういうときにインドかタイか四川になるんだけれど、どれでも自在に選べるのが都会の外食の良いところだね。
このときは、山椒がビシッと効いた本格四川麻婆豆腐。
辛さの段階は1,2,3とあるけど、やはり一番辛い3にする。
美味いねぇ、、、。痺れる辛さが堪能できる。
辛さと肉の旨みが十分なので、決して塩気がキツくないのも良い。
とりあえずビールと紹興酒とこれ。
で、小ライスなんかを食っても良いのだけれど、別の辛さに流れることもある。
四川の店で担々麺(担は土偏ではなくて手偏。担いで売りに来たのが語源)を食うのも悪くないのだが、普通の担々麺ってのは、ゴマペーストとラー油がちょっとしつこい(ま、麹町の登龍みたいな例外もあるけど)んだよね。
意外に見た目ほど辛くなかったりするし。

そういうわけで「河岸を変えて」、元祖ニュータンタンメン本舗の「ニュータンタンメン めちゃ辛」。
通常は、これにニラをトッピング。

ニュータンタンメンめちゃ辛ニラトッピング

これは、見た目はアレだけど、そのイメージを裏切るさっぱりした軽いラーメンなんだよね。
麺はちょっと太いけれど量はそう多くはないし、脂がしつこくない。
砕いた唐辛子が「秋の水溜りを埋め尽くす落ち葉」のような状態で、パウダーが溶け込んでいるのとは違ったビリビリしない爽やかな辛さを楽しめる。
胃がすっきりする珍しいラーメンなのだな。

四川麻婆豆腐から辛さつながりでニュータンタンメン、ってのも、都会ならではの楽しみだな、、、(笑)。


関連記事
スポンサーサイト
2013-06-17(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。