寿司屋のランチの楽しみは「あら煮」

あら煮

駅前の良心的な寿司屋で昼に「あら煮定食」。
あら煮と味の沁みた大根がてんこ盛り。
ま、あらだから骨が多いんだけど、寿司屋の昼飯ならではだね。
ご飯とシジミの味噌汁、ぬか漬けで900円。
ワラサくらいのアタマと背骨が1尾分。
丁寧に身をほじくり出して食う。
目の回りのとろとろしたのが美味い。
バクバク食えないので、大変な満足感であった(笑)。
ゆっくり食うのは大事である。
この寿司屋は、刺身定食はとにかくネタが少量多品種で賑やかなんだけれど、あら煮はアタマ1個と対照的なのであった。


関連記事
スポンサーサイト
2013-06-10(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR