こういうものを飲んだ後に食ってねぇすか?

プッタネスカ

日が暮れたらラーメンは食わない、とはいえ、他の麺類や炭水化物を食ってしまうことはある。
寿司なんてのは、量も調節できるしお茶ですっきりするし、ってことで飲んだ後には最も良いのだけれど、駐車場のデカい回る寿司屋に歩いて(飲んでるからね)行ったら、ラストオーダーまであと5分だからと杓子定規に断られてしまった。
これは、調子悪(銚子丸)、、、。
あ”っ、「ブログで店名を出してしまった」じゃないか!?w

仕方なく、道路の反対側のジョナサンに入る。
ファミレスは酒もあるし、軽く誤魔化すメニューもあるので、ま、べたっとした照明のちょっと寂れた感じは別にして悪くないのだな。
白ワインをグラスで1杯もらってからメニューを見て、そんなに軽くもないがスパゲッティ・プッタネスカ。
アンチョビ、オリーブ、唐辛子などの入ったトマトソース。
白いのはモッツァレラ。
ま、ビリビリ辛いわけでもないので、単なるトマトソースと大して変わらないけどねw
プッタネスカってのは「娼婦の」って意味で、由来は諸説あるようだ(いちいち、昔から必要だったからこそ、とか大威張りで言っちゃイカンよw)。

夜中にプッタネスカ、食ってねぇすか? くらいだねw

5月の日本の生産性を阻害した二大要因は、「某市長」と「某車椅子の有名人」だと思うので、6月1日の朝(いい天気だ)、ちょっと言及してみました(笑)。Web中が細かい話ばかりを論った時間の無駄(一部稼業には特需かw)の連鎖がからみあって大変(まさにWeb)でありました。きっと、株の暴落もダービーの枠順を嫌気したのではなく、これによる日本の生産性の低下を憂いたに違いない。

というわけで心機一転6月なので、5月の最ジャンク賞も書いておかねば。
これはもう、単勝110円の大本命「すき家の焼きそば牛丼」。
なにをどう考えても、腹に入れば一緒でも、別々に食いたいw
別に出てくるのは小皿のソースってのも、ジャンクのツボを押さえている。
下にご飯、上には焼きそば。炭水化物に挟まれた牛丼の具の気持ちたるや、、、。
クライアントにせっつかれ、外注の尻を叩く、SIerのごとし。
そういう仕事で夜中遅くに帰ってきてこれを食らったならば、何か違った風景が見えるのかもしれないwww

■月間最ジャンク賞
2013年1月 第三京浜都筑亭のカツカレー
2013年2月 スーパーの売れ残り半額カツ丼
2013年3月 ブデチゲ
2013年4月 鳥の竜田揚げと豚しょうが焼き、ナポリタンの盛り合わせランチ
2013年5月 すき家の焼きそば牛丼


関連記事
スポンサーサイト
2013-06-01(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR