スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

カワハギの肝和えってのも内地の食いモンだな

カワハギの肝和え

アジ、カツオ、シロギス、メジマグロなど、内地の食いモンだなぁ、、、と実感する魚はいろいろあるけれど、カワハギなんてのもそうだね。
刺身は、ヒラメやフグに並ぶくらい美味い白身だと思うし、夏と冬に大きくなる肝と和えるとまた美味い。
肝は、単に肝醤油にして刺身を付けて食べても十分に美味いけど、一瞬湯にくぐらせた後、裏ごしして少量の白味噌を混ぜて刺身と和えるとさらに美味い。

カワハギは、いわゆる「足が速い」魚なので、刺身で食えるものはその辺のスーパーなんかではなかなか手に入らない。シロギスのほうが小さくて細いだけに、もっと入手困難だけどね。
カワハギやシロギスは、三浦半島あたりで素人でも釣れる魚なので、刺身が食いたかったら自分で釣ってくるってのが一つの選択肢ではあるな。
ボウズ(釣果ゼロ)のときは、漁港の近くの市場で買ってくるという手もある(笑)。
カワハギ釣りは狙うと難しい釣りだけど、シロギス釣りの外道で釣れたりもするし、磯で適当に釣っているとキタマクラより先に食いついてけっこう走ったりするから面白いね。
そうは言うものの、仕事だの原発だの何だのでちょっと休日に釣りって感じでもなくなった昨今、こういうものを出してくれるお店ってのは本当にありがたいものだ。


関連記事
スポンサーサイト
2013-05-28(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。