スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

KITTEより、いんでないかとインデアン

インデアンカレー

丸の内の元中央郵便局がJPタワーになって、地下から6階までKITTEという商店街ができたのだけれど、なんだか大混雑だし、ゆっくり飯を食う感じでもないので、やはり隣のTOKIAの地下(KITTEと地下で繋がった)に「インデアンカレー」を食いに行く。
早くて美味いインデアン。一度食べたら忘れられない味。
盛り付け(左下に垂れたのが惜しい!)も、様式美に溢れているw

それに何と言っても、お店のオペレーション、接客が素晴らしい。
例えば、爪楊枝。
楊枝立てには、いつも楊枝がぎっしり詰まっていて、取りやすいように1本だけ1センチほど引き出してある。
カウンターの上のすべての楊枝立てがいつでもその状態をキープしている。
水も言わなくても足してくれる。
こういうお店って少ないんだよね。
ちなみに、割り箸立ても、常にぎっしり詰めておくのが正しいお店。
スカスカだと、虫(ゴッキーは割り箸立てで箸を出しているような飲食店では避けられない)が入ったりするからだね。


関連記事
スポンサーサイト
2013-05-17(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。