ネパール料理は美味い。羊の干し肉の炒め物とパパドにジャガイモ

スクティ

軽く晩飯を食いたくて、ネパール料理屋に入った。
ライスの量がすごく多い店なので、カレー(なかなか美味い)とライスではない組み合わせで。

まず、ネパールのビール。
で、次に羊の干し肉の炒め物「スクティ」(写真上)。
スクティとは、羊の干し肉とトマト、タマネギ、ピーマン、ニンニクなどをクミン、ターメリック等のインド系スパイスで炒めた料理。
Very hot で作ってもらったら丁度良かった。
干し肉なのでけっこうかたいが、じわっとした味わいがあって臭みはなく、大変に美味い。
ビールに最高だよ。

で、合わせるのは、ナン(羊のひき肉の入ったキーマナンは美味いのだが)やライス(クミンシードと炒めたジラライスが美味いのだが)では多すぎるので、ネパール風のパパド(写真下)を選択。
いわゆるパパドにジャガイモやピーマン、トマト等で作ったコロッケのタネみたいなのがたっぷり乗っている。
どうやって食うべきか良く分からんので、とりあえず、バリバリとパパドを割って、フォークで食ってみたが薄味でジャガイモの味が良く分かって、これも大変に美味い。

いや、アジアは美味いね。素晴らしい晩飯であった。
日吉の「クークリ」。

ネパール風パパド

関連記事
スポンサーサイト
2013-05-16(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR