とても良心的な中華ランチを二つ

定食:エビと卵の炒め

中国人夫婦が年中無休でやっている中華料理屋のランチを二つ。
いずれも、メインの料理を選んで、ご飯、スープ、ザーサイ、麻婆豆腐、杏仁豆腐、サラダで+250円(サラダを省略すると230円)。
エビと卵が550円(合計800円)で、青椒肉絲は500円(750円)。
見ての通りのボリュームで味も悪くない。
お茶をポットで出してくれるってのも素晴らしい(水にしろお茶にしろ、すいません、すいませ~ん、と何回も呼ばなきゃならんよりはるかに効率が良いし客のことを考えていると思う)。

無休もありがたいが、昼は11時半からって店が多い中、11時からってのもありがたい。
朝から自宅兼仕事場で仕事をして、朝飯兼昼飯を食って午後イチの別件に向かう、なんてことが多いのだけれど、そんなときに、たいていの朝飯メニューは10時まで、Sガストでも11時まで、多くの店はランチ11時半から、都心に出てしまうと昼飯時になってしまって込んでいる、というどうしようもない時間帯が最寄り駅の11時から11時半なのだな。
この30分の違いで、どれだけの客が流れているか、1回の話ではない、ということを11時半からのはずなのに、11時33分にまだ開いてないような店は考えるべきだと思うのだなw

定食:青椒肉絲

関連記事
スポンサーサイト
2013-05-04(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR