久しぶりに焼肉。これはハツとネギ

ハツとネギ

焼肉屋は久しぶり。
写真上は、ハツ(牛の心臓)とネギ。
ハツは、他の肉よりもちょっと辛めのタレが絡んでいる。
ネギは、斜めに切っていないのがポイント。
斜め切りだと、端の薄い部分がチリチリになっちまうし、真ん中も直火になってしまってふっくら焼けない。
こういう切り方だと、外に焦げ目が付いた頃には、外側の皮に包まれた中身が蒸し焼きのようになっていて、ネギの旨みがよく分かる。
網が真っ平らではなくてちょっと傾斜があるので、回りに肉を配置して転げ落ちないようにするのがポイント(笑)。
綱島東の大揚苑。某焼肉チェーン(一見安いが、大して美味くないし、量が少なくすぐに5千円超えてしまう)並みの価格でとても美味い。
カルビ、骨付きカルビ、タン、ロース、レバーなど、どれも美味い。
カルビスープ大辛とご飯で締める。
あと、自家製のキムチ、特にオイキムチが美味い。
以前は、赤身のユッケもあったのだが、最近は出さなくなってしまって残念。
梨の千切りが入っていて美味かったんだけどね。
ユッケがあった頃は、換気がいまひとつで煙もうもうだったんだけれど、改装してそういうこともなくなった。
仕事場の近くにこういう店があって大変にありがたい。
下の写真は、骨付きカルビ。

骨付きかルビ
関連記事
スポンサーサイト
2013-04-28(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR