スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

予習をはるかに上回った沖縄のそば定食

沖縄のそば定食

仕事で行った人生初の沖縄(人生最南端w)での昼飯。
ソーキそば、「煮付け」、ご飯(左端にある)、たくあん(黄色いの久しぶり)のセットで700円。
見ての通りのボリュームでお腹一杯。

煮付けだけ「」でくくったのは、内地(沖縄の人は本州のことをこう言う。北海道と同じだねw)の人が普通に思い浮かべる煮付けとはかなり違うから。
大根とか厚揚げなんかも入っているんだけれど、汁が少なくて豚肉、野菜、こんにゃくなどの炒め煮に近い。
あと、昆布が不可欠らしい(結んだのが1本入っていた)。
おでんの汁を抜いて、野菜の炒め煮と合わせました、というような感じだね。
素晴らしくバランスのとれた健康的なおかずだと思いますね。
ちょっと検索してみたら、沖縄の煮付けってのは、なかなか奥が深くていろいろ流儀もあるらしい。
この写真だと上にオムレツが乗ってるけれど、これがこのお店の定食の流儀なのかな?

それと、沖縄で食べたもので共通していたのは、「塩気がキツくない」ってことだね。
ソーキそばの出汁にしても、旨みはあれどとてもさっぱりしているし、ソーキ(肉)もかなり薄味。
先に書いた煮付けも薄味。卓上に醤油があったら試しにかけていたかもしれないくらい。
カラシとかあっても良いと思ったけれど、卓上には島唐辛子(泡盛に唐辛子を漬けたもの)しかなくて、胡椒も塩もない(紅ショウガの刻んだのはあった)。
使っている塩も違うのだろうけれど、とにかく東京みたいにビリビリと塩辛いってことがない。
東京で駅そば(小体なモノレールしかなくて、駅そばがないのも沖縄w)なんか食ってると、ホント塩気キツいからね。

もう一つは、意外に脂がキツくないことだね。
ソーキとかラフテーとかは、脂はけっこう抜けているので、ゼラチン質は感じられてもかなりさっぱりで脂っぽくない。
煮付けも、炒め煮とは書いたけれど、実際には油で炒めた感じでもなくて、とてもさっぱりしている。
塩気がキツくなくて、脂もさっぱり、で、ボリュームがあるという、ほんのちょっと触れただけだけれど、なかなかありがたい食文化が感じられた。
沖縄で暮らしたら、血圧が下がるのではなかろうか?

実は、前々日くらいに渋谷でソーキそばを食って「予習」していたんだけれど、けっこうしょっぱくて、豚の脂もキツい感じだったんだよね。
予習からの予測を見事に裏切ってくれました(笑)。
ま、当たり前の話なんだろうけれど、いい年して初めて行ったので、食べ物だけでなくいろいろと新鮮でした。

那覇から恩納村へ行く途中の和泉食堂。
街道沿いの人気店らしく、地元客がひっきりなし、でありました。

関連記事
スポンサーサイト
2013-04-14(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

EatingPoor

Author:EatingPoor
「筆は一本、箸は二本」(斎藤緑雨)なのである。

[My other blogs]
A day in the life(メイン)
続・Webとウイスキーの日々
20分でお弁当
columns
お仕事ブログ

カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。